#30/4月22日放送

今日のきらめきびとは、温もりあふれる豆本作家の都さん。手のひらに収まるほどの小さな本、豆本。都さんは、6年前初めて作った作品が国際豆本コンクールで、日本人初のグランプリを受賞しました。


一番のこだわりは、活字を一文字ずつ拾っていく活版印刷。「テキン」と呼ばれる機械で、丁寧に作業していきます。この機械で豆本を作っているのは都さんだけです。



都さんが輝き続ける為の秘訣は、子供の頃読んでいた本を蘇らせること。何度も読んで傷んでしまった絵本を修復しながら思い出すのは、あの頃感じた『本の楽しさ』。その心は今、都さんの仕事にも生かされています。


都さんを輝かせるlife On。 それは、大きな感動に包まれる小さな本作り。


2012年9月6日~12日
三省堂書店神保町本店
「そっと豆本、ふわっと活版」

バックナンバーへ