SPECIAL スペシャル

スペシャルタイアップグッズ

鎌倉紅谷
あの「クルミッ子」が「ルーヴルッ子」となって登場!
20180125171414.jpg
鎌倉の観光名所「鶴岡八幡宮」の前に本店をもつ「鎌倉紅谷」の創業は昭和29年。創業から60年以上たっても変わらない味を求めて、全国から多くのファンが訪れています。
その看板商品といえば、「クルミッ子」。しっとりしたバター生地に、クルミぎっしりのキャラメルをサンドしたお菓子は、一度食べると忘れられない美味しさです。
このたび、期間限定で人気商品「クルミッ子」が「ルーヴルッ子」となって登場。パッケージにあしらわれている可愛らしいリスのイラストも限定バージョンとなり、特別パッケージで販売します。
鎌倉紅谷
「ルーヴルッ子」(5個入り) 810円 (税込)
※1日200個の限定販売/お1人様3個まで購入可能
※賞味期間:70日 ※会期中に限り、「ルーヴル美術館展」会場内グッズ売り場で販売
マリアージュ フレール
パリ、ルーヴル店オープン記念銘柄「イスカンダル」を限定オリジナルブレンドで発売!
20180125171457.jpg
1854年、パリでマリアージュ家の二人の兄弟がお茶の専門店を開いたことが、フランス流紅茶専門店「マリアージュ フレール」の始まりです。現在では、世界35か国から約500種類以上に及ぶお茶を厳選し、フランス流紅茶芸術を提唱し続けています。
その「マリアージュ フレール」がパリ・ルーヴル美術館内の「カルーゼル・デュ・ルーヴル」に店舗を構えた際のオープン記念銘柄である「イスカンダル」が、厳選した紅茶のオリジナルフレーバード ティーとして新たに本展だけの限定銘柄として特別装丁で誕生。(「イスカンダル」とは偉大なる王として知られるアレクサンドロス大王のことで、本展でもその、肖像が展示されます。)
マリアージュ フレール
ルーヴル美術館展2018 限定フレーバード ティー ISKANDAR(イスカンダル)® 2,484円(税込)
※内容量:50グラム 特別装丁 ※会期中に限り、「ルーヴル美術館展」会場内グッズ売り場で販売
(本展限定銘柄は、マリアージュ フレール 店舗で販売されている「イスカンダル」とは異なります。)
※茶さじは含まれません)
とらや
パリ店にちなんだ「エッフェル塔の夕暮れ」を期間限定で販売!
20180125171555.jpg
室町時代後期の京都で創業。5世紀にわたり菓子屋を営む『とらや』は1980年、「和菓子を通して日本文化を紹介したい」との想いで、パリに出店しました。
パリ店オープン30周年を記念してつくられた限定商品「エッフェル塔の夕暮れ」をルーヴル美術館展開催期間中、限定販売いたします。
橙の琥珀羹と黒の煉羊羹で、夕焼け空に浮かび上がるエッフェル塔と凱旋門を抽象的に表現。北海道十勝産の小豆「エリモショウズ」、昔ながらの製法で作られる天然の糸寒天など、原材料も吟味、厳選されたものを使用しています。
とらや
「エッフェル塔の夕暮れ」 1,944円(税込)
※会期中に限り、「ルーヴル美術館展」会場内グッズ売り場および『とらや』東京ミッドタウン店でも販売いたします。
一心堂本舗
「食べる宝石」と称される琥珀糖菓子、『東京こはく』が限定発売
sp02_kohaku.png
「歌舞伎フェイスパック」や将棋の駒を精巧に再現した日本将棋連盟推薦「将棋 デ ショコラ」などのユニークな商品を次々と生み出している『一心堂本舗』から、ルーヴル美術館展との限定商品『東京こはく』が登場。

『東京こはく』は、日本の伝統的な和菓子「琥珀糖」を7つの図形のパズルに模した、食べて美味しい、見て楽しい、今までにない和菓子です。

「琥珀糖」とは、純度の高い砂糖と寒天を煮詰めて固めた和菓子のこと。外側はシャリッと硬く、中はぷるんとしてみずみずしい。割った断面はキラキラと光を反射し、その美しさは「食べる宝石」と称されるほどです。

京都の和菓子職人によって、ひとつひとつ手作りで作られており、柚子・桃・マスカット・サイダー・ミントの5種類の味が楽しめます。
ルーヴル美術館展限定パッケージの『東京こはく』はお土産にもぴったりです。
一心堂本舗
ルーヴル美術館展限定「東京こはく」
価格:918円(税込)
Cubetas(キュビタス)
作品イメージに合わせた4種のチョコレート、本展限定「Cubetas」登場!
「大人になっても、もっと自由にお菓子を楽しんで欲しい」をコンセプトに、フランス アルザス地方の100年の歴史を持つ老舗ブランドから取り寄せたチョコレートなど世界中から厳選した『大人向けのお菓子』を詰め込んだ『Cubetas』。

ブランド名は、特徴であるおしゃれなキューブ型パッケージの「Cube」と、 フランス語の最上級表現でもあり、英語でプラスするという意味の「plus」を「タス(足す)」と日本語読みにして合わせた造語。大人になったからこそ"よりもっと"お菓子を楽しんで欲しい、という想いが込められています。

ルーヴル美術館展では作品のイメージに合わせた4種類のチョコレートが登場します。

クリスピーベーコンビスチョコレート (写真左)
スモーキーな旨味と塩気がアクセントになる不思議な組み合わせの一粒。《性格表現の頭像》 からイメージしました。

アルジャンハート (写真中左)
ハートの形をしたシルバージュエリーのような見た目が美しい一粒。《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》 からイメージしました。

オレンジピールダークチョコレート (写真中右)
オレンジの爽やかな風味とダークチョコレートのほろ苦さが絶妙な一粒。《アルコレ橋のボナパルト(1796年11月17日)》からイメージしました。

チーズケーキチョコレートマシュマロ (写真右)
チーズケーキのコクと酸味、マシュマロのまろやか味わいが楽しめる一粒。《春》からイメージしました。
Papabubble
papabubbleより限定キャンディ『LOUVRE MIX』が登場!
「世界一おもしろいお菓子屋さん」を目指す、アート・キャンディ・ショップ「papabubble」より『LOUVRE MIX』が登場。

ひとつひとつ職人が手作りしたキャンディは、「LOUVRE」や「クロワッサン」「ワイン」「エッフェル塔」など、パリにちなんだモチーフとトリコロールカラーがミックスされた楽しいキャンディが出来ました。

口の中でほろほろと溶けていく食感や、ほんのり香る上品な甘さは日本人に合わせて、厳密に計算されています。papabubbleが一番こだわっているのが「光沢」。繊細な感覚と丁寧な仕事のたまものが、この宝石のようなキャンディを生み出しています。

開催期間中のみの限定キャンディ、お土産にもぴったりです。

***お味のご紹介***
エッフェル塔→りんご味
ワイン→ラズベリー味
LOUVRE2018--19→コーラ味
クロワッサン→パイン味
PARIS→ストロベリー味