イントロダクション

本当は行きたくもない飲み会を断れなかったり、電車のシルバーシートで足を組み携帯で話す若者を見て見ぬふりをしたり、僕の日常は自分を『曲げて』ばかりです。でも、自分を殺して周りの顔色ばかりうかがったり、間違ったことを間違ってると言えない大人たちが子供たちの将来を暗いものにしてしまっているのかもしれません。14歳の娘の父として、『子供にちゃんと説明できないことはしない!』、『曲げないで自分を貫く』主人公に自分を重ねてながら、3ヶ月カッコいい大人を目指したいと思います。