高学年★健康第一

今年度から長女:小5、次女:小3、長男:年少に進級!気づけば長女の身長は143cmに!150cmの私が抜かされる日も近い気がします。

3児ママ(コンプライアンス推進室)

GW終わってしまいましたね。皆様リフレッシュできましたでしょうか。

我が家のGWは、

◆夫の実家に帰省して1泊@浜松

◆夫の両親と我が家2家族で1泊@浜名湖

◆帰り道、家族で1泊@真鶴

と慌ただしいながら、賑やかに過ごしました。

IMG_0687.JPG





←こちらは浜松のたこあげ合戦。初めて見ましたが圧巻でした!


GWは長女の塾もお休みだったため、久々に思いっきり楽しもう♪

と親がつい予定を入れまくってしまったのですが、

3泊4日勉強しないことが不安だったのか、

長女は後半「パパとママには失礼かもだけど、家に帰りたい!」と言い出し、ビックリ!!

これも成長でしょうか・・・!?


一方、下2人は何も考えず思いっきり遊んで、大喜び!

IMG_GW.JPG







お天気もよかったので、この後、海にも入って、ビショビショに・・・。

そして帰り際、濡れてしまった3歳君をとりあえず着替えさせ、車に乗せていたら、

皆が目を離したスキに車から落下するという事故が!!

「ぎゃー」と号泣する3歳君を抱き上げたら、なんと後頭部から流血。

落ちる瞬間誰も見ていないのですが、どうも頭から落下してしまったようで、

本人はもちろん、姉達も大泣き・・・。

急いで近くの救急外来を受診したところ、

糸ではなく、なんとホチキスのような医療用ステープラーで頭を縫合することに!

子供が縫うほどケガするのは初めてで、私もクラクラしつつ・・・

事故は一瞬のスキに起こるのだなー、と反省。

そして本当に健康第一、と痛感したGWでした。

低学年★アサリを知る

気づいたら、わが子は憎まれ口全開の2年生。一方、町には可愛らしい1年生が親と手をつないだりしながら一生懸命歩いていて、思わず目を細めてしまいます。

kyo-ko(コンプライアンス推進室)

先日、小学2年生になった娘を初めて連れて、潮干狩りに行ってきました。

toru.jpg
ズボンを膝までまくり上げて、いざ出陣。「気をつけなさい」とあれほど言ったのに、娘はあっという間にお尻まで水に浸かっていました(このあたりは所詮小2)。場所は横浜市内でしたが、自然の浜ということもあって、なかなかアサリは見つかりません。しばらくワカメをつかんで遊んだり、小さな巻貝やカニを観察したりしていましたが、そうこうするうちに、私の手元にアタリが。可愛らしいアサリが出てきました。途端に娘は自分が探すことよりも、私の手元に夢中。ちょっと頑張って探しては1個見つける、という流れを繰り返して、10個強を手にして帰りました(周りにはバケツいっぱいの人もいましたが)。
tenoue.jpg


帰宅後、すぐにバットに塩水を張って、それから一晩砂抜きをしました。

sunanuki.jpg

「ピュッ」と水を吐き出す姿を見せたくて、ちょくちょく覗いていましたが、なにしろ、数が10個強。なかなか見られませんでしたが、それでも、貝から管を出したり、足を出したりする様子を見て、娘はちょっと生物としてのアサリを可愛いと思ったようです。うっかり私まで愛情が芽生えそうだったので、翌朝、水を切って冷蔵庫へ。その晩、アサリたちはお吸い物になりました。「貝って、火が通ると開くんだよ」などと言いながら鍋を見つめ、いよいよ食べてみたところ、なぜか娘のお椀のアサリだけ、ジャリッと。アサリの最後の抵抗だったのでしょうか。

chouri.jpg


asari.jpg

娘はその後書いた日記に「アサリになりたい」と綴っていました。

低学年★教科書は心の中に

小3男児の母。今週金曜日の遠足弁当に悩み中。

ゆりぐみ(編成局)

6年生の国語の教科書表紙に、

5年生までの表紙に登場した動物が集合していると話題になっているそうです。


同じ出版社の教科書を使っている息子に話してみると、

「え、そうなの!?早く6年生になりたいなあ」と大喜び。

1年生の最初はライオンだったでしょ。次がくじらで、2年生がカンガルーとシロクマだったよ。」

良く覚えているもんだなと感心したり、

ひょっとして、教科書開かずに表紙の絵ばっかり見てたんじゃないでしょうねと内心疑ったり(笑)

「答え合わせしよう!」

12年生の教科書も出してきて、並べてみました。


2017042421570000.jpg
今使っているのが、バク。

2年生の上がカンガルー、下がシロクマ。

1年生の下がくじら。

合ってる合ってる。



あれ、1年上は?

「ないなあ・・・」



初めてもらった教科書は、思い出深く、

「おむすびころりん」や「おおきなかぶ」の音読宿題も楽しかった「1年上」。

大事にとっておいたはずなのに、見当たりません。



「だいじょうぶ。ボクの心の中にあるから」

教科書なのに、「頭」じゃなくて「心」の中にあるのね。

でも、その方が豊かな気もします。



ライオンさんには、6年生で再会しよう!

低学年★来た~の質問

3年生のお姉ちゃんと、1年生になる弟くんの母です。元気に仲良く二人で登校していきます。見送って私も出社。朝の生活が、ぐぐっと変化しました。

ちひ(技術統括局)

春休み、いとこに会いに沖縄へ。

爽やかな気候と目に美しいビーチを眺め、水族館に行った帰りのこと。


「ママ~、水族館って、きれいだけど、お魚を閉じ込めている悪いところなのかなぁ」


と聞かれました。


来た来た!私もそう思ったな~と、すごく懐かしい質問でした。


・お魚にとっては、広い海のほうがいいかもしれない


・水族館で過ごすと、海に帰ったら暮らせないかもしれないから、

愛情と責任をもって飼育する必要があって飼育員さんが心をこめてお世話をしている

・シュノーケリングやダイビングで、海の中のお魚を見られるけど、全員ができるわけではないので、

お魚の可愛さ、不思議さや、大切さ、海の大切さをたくさん感じよう。

と話をしたら、ふーーーん、となにかを考えていました。

こんな風に、感じたことをママに話してくれるのもひとときかもしれないな~としみじみした春でした。


幼児チーム★傷つくコトバ

息子、2才3ヶ月。イクラが好きで、赤いブロックの丸い突起を見てイクラだ!と喜ぶので、 保育園のお誕生日カードの「好きなモノ」の欄に「イクラ」と書かれてしまいました。

まみ(報道局)

おそらく、全ての男の子と同様、恐竜好きな息子。

最近の口癖は「たたかいしよ?」

「ティラノサウルスVSトリケラトプス」「ステゴサウルスVSアロサウルス」など彼の定めた設定でたたかいを挑まれます。

どんな組み合わせでも展開は一緒で、片方が「ぼくは肉食恐竜だぞー。がおー。」とおそって、「ぼくは草食恐竜。ツノが強いぞー」と応戦。

そして最後は、どちらにせよ息子が演じているほうが勝ちます。

たまには私も勝ちたかったのである時、なかなか死ななかったところ、

イラついたのか、息子がひとこと、「まま!しんで!」と・・・。

いや、遊びとはいえ、なんかその言葉傷つくんですけど。死んでって・・。

そのほかにも、お気に入りのDVDを見せなかった時などに発する「ママだいきらいばか。うるとらまんびーむ!」

ここまでやってるのに嫌いとは何事だ・・。

「そういう言葉を使っちゃいけないよ。ママ悲しいよ」と諭してはいるのですが、なかなかうまくいきません。

反応すると喜んでもっと言うし。

最近は、その後に「ほんとはママだいちゅき」などフォローしてくれるようになりましたが。なんだかなー。

思い通りにならない男の子育児でした。