幼児チーム★言葉の出始め

男子三兄弟を育てています。三男の育休復帰からようやく半年。先週は小3の長男が学校で初骨折。なんてこったい!!

さとえ(AXON)

我が家の子どもたちは、三兄弟。

上は3年生で9歳になったばかりの双子の男の子。

そして末っ子三男は1歳。

うちの場合、上が双子で育児が大変だった分、普通にひとりで産まれた三男は

子育てに余裕がある分、かわいくてかわいくて(笑)

こちらの余裕が伝わるのか、はたまた持って産まれた気質なのか、

三男坊は非常におおらかで、いつもニコニコ愛想のいい、得なキャラ。

そんな我が家の癒し担当三男は、現在1歳6ヶ月。

ちらほら意味のある単語をしゃべるようになってきました。


一番最初に意味ある言葉になったのは、「いちだ」。

これ、彼の大好物、「いちご」のことです。


何度「い・ち・ご」と教えても、「い・ち・だ!」になってしまう。

しかし、そこがかわいい。

と思える末っ子育児。IMG_20170416_202337.jpg


以前だったら、早く正しく話せるようになってほしい!

と思うところかもしれませんが

どうせ成長とともに正しい言葉に

矯正されてしまうことを知ってしまった今は

いつまでこのかわいい言い間違いを続けてくれるかが楽しみです。


ちなみに、ものすごくよく食べる三男。

「いちだ」とともにもう一つ言えるようになった単語は、「おいしー」です。


いっぱい食べて大きくおなりー!



コメント
名前 さん コメント