お話を聞かせてくれたのは、こちらの先生でーす!

妃香利
妃香利   先生   洋画家
東京工芸大学芸術学部メディアアート表現学科卒。大学卒業後、働きながらアートスクールで西洋絵画の技法を学びプロの道へ。アートマスターズスクール油絵科卒業制作グランプリを受賞。現在は、創作活動の傍ら、フィンガーペイントのワークショップの指導も全国各地で行っている。

フィンガーペイントって何?

妃香利先生、今日はよろしくお願いします!早速なんですが・・・フィンガーペイントって何ですか?

フィンガーペイントとは、その名前の通り、筆などの道具を使わずに自分の指や手を使って絵を描くことです

指に絵の具を付けて、絵を描いていくのね〜ワイルドだわ〜

フィンガーペイントは、筆などの道具を使わないので、特別な経験や技術が無くても大丈夫なんです。いつでもどこでも誰でも自由に簡単に楽しめることが最大の魅力ですね。指を使って描くので、直感的に絵を楽しむことができます

絵を描くというと、私なんか身構えちゃいますけど、自分の指を使って描くフィンガーペイントなら、気軽に挑戦できそうです!

指を直接使うフィンガーペイントは、欲求不満が解消され、気持ちが安定すると言われています。また、五感が刺激され、想像力を養うとも言われています

へ〜。フィンガーペイントには、色々良いこともあるのね〜。妃香利先生、早くやってみたいわ〜。

やる気十分ですね〜ママさん!それでは、フィンガーペイントに挑戦してみましょう!

は〜い!よろしくお願いしま〜す!

フィンガーペイントに挑戦してみよう!〜準備編〜

フィンガーペイントに使用するのはいつも使っている絵の具でいいのかしら?

いいえ。普通の絵の具ではなく、フィンガーペインティング用の絵の具を用意します。

フィンガーペイント用の絵の具ってあるんだ!?

はい。フィンガーペインティングをする時は、専門の絵の具を使用します。もし、普通の絵の具しかない場合は、小麦粉と混ぜ合わせることで、簡易フィンガーペイントの絵の具を作る事ができます。

簡易フィンガーペイント絵の具の作り方
  • ① 小麦粉と水を、1対4割合で混ぜて火にかける。
  • ② とろとろになるまで温めたら、火を止めて、冷ます。
  • ③ ②の中に、水彩絵の具で色をつければ完成。
  • ※赤、青、黄の3色を作ると、それらを混ぜ合わせて色々な色を作ることができます。

もし、本格的にフィンガーペイントに挑戦したいという場合は、やはり専門の絵の具が使った方が、キレイに描けるし仕上がりもいいので、オススメです

わかりました〜!

フィンガーペイントに挑戦してみよう!〜実践編〜

それでは、フィンガーペイントに挑戦してみましょう!今回は、フィンガーペイント専用の絵の具を使って描いてみましょう!

ドキドキするわ〜。上手く書けるかしら・・・

フィンガーペイントに特に決まった方法はありません。自分の指や手を自由に使って絵を描いていきましょう

自由と言われると・・・逆に緊張しちゃうわ〜

難しく考えずに、砂に絵を描くイメージでいいですよ。細い線を描くときには、指先。太い線を描くときには、指全体を使って。もっと太い線を描きたい時には、手の平全体を使うというように、自分の手を自由に使って描いていけばいいんですよ



砂に絵を描く感じね〜。そう考えれば、リラックスして描ける気がするわ!

手の平全体に絵の具を塗って、紙に押しつけるだけでも、素敵な作品になります。子どもの成長記録としても楽しめます!



色を混ぜてみよう!

色を混ぜるときのポイントとして・・・2つの色を“完全に混ぜ合わせない”というものがあります。

え?完全に混ぜ合わせた方がいいじゃない!?

2つの色が完全に混ぜきらないことにすることで、新しい色が出来るんですよ。

え!?どういうことかしら!?

では、ママさん実際にやってみましょうか?



緑色と黄色の絵の具がありますが・・・これを完全に混ぜ合わせると・・・

きみどり色が出来たわ〜!!

では、次に、完全に混ぜきらないようにしてみて下さい!

ホントだ!緑色と黄色が2色とも残った色が出来たわ!きみどり色とは違うキレイさがあるわね〜

紙に描いた線を上からなぞっても同じ効果を得ることができます

緑色の線を、ママさん、黄色をつけた指で、軽く上からなぞってみて下さい

緑色と黄色ときみどり色がある不思議な色に塗れた!何だか、難しいテクニックを使ったみたい!

後から混ぜる色としては、黄色がオススメです。黄色は、透明色なので下の色を上手く透かしてくれます。混ぜる量は、元の色より少ない感じにすると、いいでしょう

わかりました!色んな色を混ぜてみるわ〜!自分だけの組み合わせを探してみます!

色を混ぜすぎても大丈夫!

あらら・・・

ママさん、どうしました?

色を混ぜすぎて、何だか汚い色になってしまったわ〜失敗ね・・・

ママさん、大丈夫ですよ!色を混ぜすぎたり、相性の悪い色を混ぜて、色がくすんでしまっても・・・乾いた後に、その上からビビッドな色を塗れば、くすんだ色が背景となり、ビビッドな色を引き立ててくれるので、キレイに仕上がりますよ

本当ですか・・・?じゃあ、このピンク色を上から塗ってみよっと!

ウサギを描いてみたわ〜!乾けば、上から何度でも塗り直せる所もいいわね〜

フィンガーペイントには、“失敗”はありません!子ども達と色んな作品作りに挑戦してみて下さい



絵を描いている子ども達、凄い集中力ね〜。私も負けないように素敵な作品をモコ太郎と作ってみるわ〜!

子ども達の自由な感性によって生まれた作品は、今の年齢でしか出来ないもの。思い出の詰まったものが沢山出来ると思いますよ。

フィンガーペイントに挑戦してみよう!〜応用編〜

フィンガーペイントティング用の絵の具には 布に描けるものもあります。この布用の絵の具を使えば、オリジナルバックも簡単に作れますよ



紙以外にも描けるんだ〜!いいわね〜

バックなど3次元のモノに描くのはコツがいるのですが、感覚で描けるのが、フィンガーペインティングのいい所。比較的、簡単にチャレンジできますよ

モコ太郎とお揃いのバッグでも作ってみようかしら・・・

いいですね!是非、ママさん、フィンガーペイントで、これからの芸術の秋もモコ太郎君と楽しんで下さい!

は〜い!妃香利先生、ありがとうございました!

「フィンガーペイント」について、もっと詳しく知りたい人は・・・

妃香利先生が講師を務めるフィンガーペイントのワークショップ情報が掲載されている
「ペベオ・ジャポン フィンガーペイント特設ページ」
URL:http://www.pebeo.co.jp/special/

「妃香利先生のHP」
URL:http://hikari-tokidoki.com/

  • ママノチエ
  • ママモコモサークル
  • そらジローの観天望気
  • ぬりえで元気

TOPへ