未来シアター

毎週金曜夜11時30分~放送

OA内容

#126 2014/8/29 OA
  • 画像
    画像
  • 「梅原大吾」 「プロゲーマー」
    主題歌「ミチシルベ~a road home~/ORANGE RANGE」

    今や世界中でプレイされているビデオゲーム
    実は、ゲームをプレイすることでお金を稼ぐ
    “プロゲーマー”という職業がある
    中でも「ゲームの神」とまで言われる男
    日本人として初めてプロゲーマーとなった革新者
    梅原大吾 33歳
    史上初の世界大会2連覇を成し遂げた彼のことを、
    人々は「スーパースター」と呼ぶ

  • 画像
  • 梅原の専門は、格闘ゲーム
    彼が「神」と言われる所以…
    それは、目にも止まらぬレバー操作
    梅原が使うキャラクターの必殺技“滅・波動拳”
    この大技を出す為に必要なキー操作は、
    レバーを下、左下、左へと動かし、この動きをもう一度
    繰り返した後、最後に3つのボタンを同時に押す
    その時間、わずか0.3秒
    そんな「神」と呼ばれる男が見つめる未来とは・・・?

    職業:プロゲーマー

  • 画像
  • 5500万人が参加する世界最大のゲーム大会
    プロゲーマーが手にする優勝賞金は、なんと5億円
    気になるトッププロの年収は1億円超えだという
    ゲームの世界は勝ち続けることが難しい
    だが梅原の勝率は、なんと9割
    その驚異的な強さで賞金を獲得してきた彼は、
    ギネス世界記録にも認定されている

  • 画像
  • そんな梅原だが、移動手段はもっぱら徒歩
    物欲もほとんどないという
    では、食事にお金をかけているのかと思いきや…
    ある日のディナーは、大好物だという
    1杯630円のラーメン
    プライベートは、意外にも庶民的
    しかしラーメン好きなのも、実はゲームと関係がある
    1分でも長くゲームをやりたいため、
    食事の時間はなるべく短く済ますという

  • 画像
  • 8歳の時、青森から東京へ引っ越してきた梅原
    同級生に訛りをからかわれ、学校で孤立
    そんな梅原少年にとって唯一の居場所がゲームセンター
    孤独を埋めるため、ひたすら没頭した
    すると思いもよらない事が・・・
    ゲームに勝つとみんなが褒めてくれる
    その快感を忘れられなかった彼は、
    17歳の時に世界大会に挑戦
    初出場で世界一という快挙を成し遂げた
    ところが、周囲から言われた言葉は・・・
    「どんなことだって世界一は凄いよね」
    ゲームなんて大したことない
    そう言われているようなものだった
    世間の目は冷たかったが、だからこそ梅原が選んだのは
    「日本人初のプロゲーマー」という前例の無い茨の道

  • 画像
  • 2014年7月 アメリカ・ラスベガス
    世界大会「 Evolution2014」へ参戦
    この3年間、優勝を逃している梅原
    輝きを取り戻したい
    5回戦、最大の山場が訪れた
    相手は、梅原と同じ元チャンピオン
    ハイレベルな攻防が続く中、梅原がリードを奪い、
    一気に勝負を決めにかかる
    ところが、梅原が勝負を決めにいった一瞬の隙をつかれ
    相手の大技をまともにくらった
    そして・・・逆転負け
    得意の大技を出せず、あえなく敗退した

  • 画像
  • 試合には破れたものの、梅原の前には
    サインを求めるファンが長蛇の列を作った
    日本人プロゲーマーのパイオニアとして
    その歩みを止める訳にはいかない
    自ら築き上げてきた道をひたすら進んでいく

  • 画像
    画像
  • 「秦基博」 「シンガーソングライター」
    主題歌「アイ/秦基博」

    それは、「鋼と硝子でできた声」と称される
    繊細でありながらも力強い、歌声…
    その声に魅了されているアーティストも少なくない
    「癒される、自然と涙が出てくる」
    「神様にもらったもの、真似できない」
    そう絶賛される、唯一無二の声を持つアーティスト
    秦基博は、いかにして生まれたのか?

    デアイ

  • 画像
  • 横浜市青葉区
    少年時代を過ごした、この街が秦基博の原点
    実に15年ぶりに訪れた
    野球をやっていたため、軟式のボールを買いに
    よくスポーツ用品店に通っていた
    ポジションはキャッチャー
    「しまっていこうぜ」の掛け声も美しい声をしていたと
    懐かしそうに語る秦
    ところが、大好きだったはずの野球も
    ついていけなくなり、中学の途中でやめてしまった
    どこか冷めやすく、何事にも熱中できない少年だった

  • 画像
  • そんな彼の人生を一変させた出会い
    兄から教わった“ギター”
    その時、世界が変わった
    瞬く間に、音楽のとりこになった秦
    好きなアーティストの楽譜を買いあさった
    初めて弾いたのは長渕剛のシャボン玉
    好きな曲を弾いては、使っているコードで曲を書いた

  • 画像
  • プロを目指し、ライブハウスで歌い始めた
    自信はあった
    だが…いつも客席はガラガラ
    良い曲を書いて、良いパフォーマンスをすればいい
    きっとこの客層が合わないのだと周りのせいにしていた
    そんな秦を厳しく叱ってくれたのが、
    ライブハウスのオーナー、橋本勝男さん

  • 画像
  • アマチュアでもチケットを売った時点でプロ
    プロというのはそば屋でもケーキ屋でも、
    自分がおいしいと思っても
    相手がおいしいと思わないと成立しない
    「歌は歌った瞬間に聴いた人のものになる」
    その橋本さんの言葉をきっかけに、
    秦は1人よがりだった自分の考えを見つめ直した
    悩み抜き、辿りついた答え…「人のために歌いたい」

  • 画像
  • さらに秦をシンガーとして成長させてくれたのが、
    音楽業界の大先輩であり、同じシンガーでもある仲間達
    出会いのきっかけは、やはりその声だった
    特異で凄くふくよかに聞こえる声、天性のものだと絶賛
    しかし、時にはダメ出しも… 
    ライブでのMCをあまり考えていないと指摘
    以前にもMCが適当すぎると怒られたことがあり、
    先輩達に勉強させてもらい少しずつ克服しているという

  • 画像
  • いくつもの出会いを経験できたから、今の自分がいる
    その想いを多くの人に届けたい
    2014年7月、オーガスタキャンプ
    集まった大勢のファンに向けて、秦は想いを込め歌った