ストーリー

第10話 2011.3.16 OA

学年末テストが終了し、「終わったー」と浮かれる和真(藤ヶ谷太輔)亮介(北山宏光)唯(大政絢)ら2Zの生徒たち。「3年になれるなんて思ってなかった」「美咲ちゃんのおかげ」という生徒たちの言葉にジーンとくる美咲(香里奈)だったが、「赤点でもどうにかなるだろ」と、進級を甘く考えている生徒たちを見て心配していた。テストの結果は生徒28人中、和真、長瀬(市川知宏)星田(大野拓朗)を含む18人が赤点。嫌な予感が的中し、ガックリくる美咲。

そんな中、理事長の淀川(名高達男)が、玉造校長(布施明)鶴橋教頭(戸田恵子)のもとにやってくる。淀川は、元キャバクラ嬢である美咲と、問題ばかり起こす2Zを、御堂学園にふさわしくない存在として排除しようと考えていた。

そして、淀川は2年Z組18人の追試にあたり、「全科目80点以上取らなければ退学にする」と、無謀ともいえる条件を美咲に突きつける。「ムチャクチャだ」「追試なんか受けない」と言う生徒たちに、美咲は「あきらめないで、やってみよう」と語りかけるが――。