ストーリー

第1話 2011.1.12 OA

六本木「SOUTHERN SEA(サザンシー)」のナンバーワンキャバクラ嬢・天王寺美咲(香里奈)。お客様のためなら損得勘定抜き! おせっかいな性格と熱いハートで六本木ナンバーワンにまで登りつめた彼女は、ある日、恩人であるママ(財前直見)に頼まれ、店を辞めて突然、高校教師になることになった。

店のフロアチーフ・梅田(塚地武雅)や後輩キャバクラ嬢・梨奈(小松彩夏)に惜しまれながら、出勤したのは文武両道の名門校・御堂学園高校。早速、派手な服装で教師たちの注目の的になり、口うるさい教頭の鶴橋静江(戸田恵子)から目を付けられてしまう。SOUTHERN SEAの常連客だった数学教師の三国武志(田中圭)は、憧れのナンバーワンが同僚になったことに喜ぶが、校長の玉造敏蔵(布施明)は、「夜の仕事をしていたことをみんなに知られないように」と美咲に釘を刺すのだった。

美咲が担任することになったのは、2年Z組。落ちこぼれだけを集めた特別クラスで、生徒たちは3学期になって、ひとりも学校に来なくなっていた。「落ちこぼれ生徒は放っておきなさい」という鶴橋に反発し「あの教室を生徒たちでいっぱいにします!」と宣言した美咲は、持ち前の熱いハートで生徒たちを教室に呼び戻そうと決意する。 街に出て2Zの生徒を捜し回っていた美咲は、クラスの中でも手がつけられないと言われる九条和真(藤ヶ谷太輔)湊亮介(北山宏光)桜井唯(大政絢)長瀬恭太郎(市川知宏)星田勇斗(大野拓朗)の5人組を見つける。「学校なんて意味がない。行かなくても誰も困らない」という彼らの反抗的な態度に「大人をバカにして!やっぱり先生なんてムリ!」と美咲は怒りを爆発させるのだった。

その夜、六本木のクラブで遊んでいた和真たちは、店の黒服とトラブルを起こしてしまう。和真の学生証を拾ったクラブのオーナー・八神(合田雅吏)は、「おたくの生徒が暴れて店をメチャクチャにした」と学校を脅し大問題に。和真は鶴橋から退学を迫られるが、「和真は何もしていない」と唯は主張する。唯の言葉を信じた美咲は和真の学生証を取り戻しに、ひとり六本木に向かうのだった――。