TOPへ

ミュージックドラゴン

2013年4月5日(金)スタート・毎週金曜深夜0時58分~放送

  • バックナンバー

ゲストトーク

Juice=Juice
今夜のゲストはつんく♂プロデュースのフレッシュアイドルJuice=Juiceスタジオに登場!
リーダーの宮崎由加さん、サブリーダー金澤朋子さん、高木紗友希さん、宮本佳林さん、植村あかりさんの5人からなるJuice=Juiceにはその名前にちなんで、ピーチ・りんご・ぶどう・レモン・メロンというメンバーそれぞれのイメージフルーツがあるんです!
また今夜は特別にプロデューサーであるつんく♂さんからJuice=Juiceの知られざる素顔を教えて頂きました!!
まず、リーダーの宮崎由加さんの素顔は「うぐいす嬢の声をやってくれる!しかも スベっても平気!」とのことです!スタジオでもうぐいす嬢をやって頂き、あまりの上手さに大盛り上がりでした!
続いて高木紗友希さんの素顔は「緊張したりテンションが上がると自分の髪の毛を引きちぎる癖がある!」
とのことです。ですが他のメンバーはその光景は見た事がないんだそうな・・・
そんなJuice=Juiceがタカトシとしたい事は・・・
タカトシとジュース道極めたい!
なんでもJuice=Juiceと名乗るからにはジュースの知識をもっと深めていきたいとのこと!
そこで今回特別にジュース道を極める企画をご用意しました!
まず1つ目の企画は・・・
どんなに美味しいジュースがそこにあっても味わう人の舌がおバカだったら台無し!!!
ということでジュース道を極めるにあたり味覚が確かかどうかガチンコテストさせて頂きました!
用意したのはりんごジュースとトマトジュース
利きジュース対決と題し、それぞれ3種類のジュースをご用意して
その中から1万円のりんごジュース、1万5千円のトマトジュースを当てて頂きました!!
利きりんごジュース対決はチームドラゴンからはタカ、Juice=Juiceからは金澤さんが出場!
結果は見事Juice=Juice金澤さんが正解しました!
続いて利きトマトジュース対決はチームドラゴンからはトシ、Juice=Juiceからは宮崎さんが出場!
結果はJuice=Juice宮崎さんが正解!!Juice=Juiceが2連勝し、会場も大盛り上がり!!
味覚を極めて頂いた所で続いての企画は実践編!
チームドラゴン・Juice=Juice全員で究極のミックスジュースを作って頂きました!!
各々好きな具材を使用し作った結果、
においも味も危険なジュースが出来たり、すごく健康志向の人のジュースができたり、見た目とにおいは完璧なのになぜか薄いジュースになってしまったり・・・
しかしジュースの事が色々わかったので、ジュース道はある意味極められたのでは??

スタジオライブ

エレファントカシマシ「あなたへ」
WHITE ASH「Casablanca」
9nine「Re:」
ティーナ・カリーナ「しもた」
Juice=Juice「イジワルしないで 抱きしめてよ」

ドラゴンズ・アイ

安田レイ「Let It Snow」
今年7月にソロとしてメジャーデビューを果たした20歳の安田レイ。
澄んだ歌声と抜群の歌唱力で、デビュー曲がレコチョク、iTunesなどでTOP10入りを記録。
さらに父がアメリカ人という彼女はそのキュートなルックスでモデルとしても活躍。
そんな安田レイのドラゴンズ・アイは…ライブの楽しさ。
実は13歳の時に音と映像の世界観で話題となった音楽ユニット「元気ロケッツ」でボーカルを担当。
しかし、人前でライブをする事は無かったという。
そして今年念願のソロデビューをし、人生初となるライブを経験。
その際にライブの楽しさを実感し、もっと人前でたくさんアピールしたいという想いが強くなっていった。
さらに今まで「元気ロケッツ」として歌って来たのは、歌詞のほとんどが英語だったので
日本語の歌詞で想いをちゃんと乗せて聴く人に伝わるようにする。という目標がある。
そんな彼女が冬をテーマに大切な人との切ない思い出を表現した新曲
「Let It Snow」をリリース。

透明感溢れる彼女の歌声をあなたも生で感じてみてはいかがだろうか。

サビなび

安田レイ「Let It Snow」
KG「白い冬」
DIAURA「TRIGGER」
U-KISS「Fall in Love」
ひめキュンフルーツ缶「モラトリアム」
大野雄二「THEME FROM LUPIN III ~2013 WITH CONAN ver.~」
THE TWISTED HARBOR TOWN「Won’t Die Alone」
青木隆治「逢いたくていま」
WHITE ASH「Casablanca」
jyA-Me「嫌いにさせてよ・・・feat.SHUN」

朗読少女

高崎聖子
朗読楽曲は SUPER JUNIOR「Blue World」