TOPへ

ミュージックドラゴン

2013年4月5日(金)スタート・毎週金曜深夜0時58分~放送

  • バックナンバー

ゲストトーク

槇原敬之
今夜のゲストは日本が誇るシンガーソングライター槇原敬之さんがスタジオに初登場!!
数々のヒット曲を生み出してきた槇原さんから一体どんなお話が聞けるのだろうと一同楽しみにしていた所、なんと槇原さんからタカトシの2人にどうして~~も聞きたい事がある!とのご提案が。
という事で今回は槇原さんからタカトシの2人に今更聞けない聞きたいことを思う存分聞いて頂く事に!
槇原さんのタカトシへの質問は「お笑いを始めたキッカケは?」―
これに対する意外な答えが、中学生の時にタカが唐突にトシを漫才に誘い、トシが快諾したというエピソード!
地味というか劇的というか、あまりにもあっけなく始まったタカトシのお笑い人生。これこそ運命に導かれて、なるべくしてお笑い芸人になったという事でしょうか。
逆に槇原さんが音楽を始めたキッカケが、なんとこれも意外や意外!
幼少期に叔父さんとキャッチボールをした際に、叔父さんの投げた球が右目に直撃したというエピソード!
これが原因で小さい球が嫌いになり、元々スポーツ一家の生まれであった槇原さんはスポーツとは別で興味のあった音楽の道を選ぶことになったのだそうで。これもまたなるべくしてなった今の音楽家という人生。
とにもかくにも大事を成す人の陰には、小さいながらも運命の導きにも似たエピソードが隠れているようです。

そんな槇原敬之さんがタカトシとしたい事は、、、タカトシとアイシングクッキー作りたい!
なんでも以前N.Y.に行った際に購入したカップケーキの上にかかっていた「アイシング」を見つけて以来、「アイシング」関連のアイテムに注目しているという槇原さん。
そんな槇原さんに「アイシングクッキー作り」を体験して頂くべく、スタジオにアイシングセットをご用意。
タカトシ、ばっさーと一緒にアイシングクッキーを実際に作って頂きました!
アイシングクッキー作り初体験に大興奮の槇原さん、いつも通り仕事が雑で早いばっさー、
いつも通り些細な事で言い争うタカトシの2人…MC陣は今日も通常営業でした…。
そしてようやく出来上がったアイシングクッキーでミュージックドラゴン史を揺るがす事件が!!
槇原さんの作った作品がなんと「M○○○」…!!!
地上波で放送できるスレスレを狙ったような槇原さんのエッジの効き過ぎた作品にばっさー唖然…。
ポップな曲のイメージの真逆をいくエッジの効いた槇原節がいたる場面で炸裂しまくった今回、
槇原さんはやっぱり歌っていない所でも流石!の一言でした。

スタジオライブ

AKB48「前しか向かねえ」
槇原敬之「Life Goes On~like nonstop music~」
きゃりーぱみゅぱみゅ「ゆめのはじまりんりん」
クリス・ハート「I LOVE YOU」
Alice Nine「SHINING」

ドラゴンズ・アイ

BiS「primal.2」
2月某日-新宿で行われたフリーイベントにて、来たる7月8日の横浜アリーナLIVEをもって
グループを解散する事を発表した6人組アイドルBiS。
アイドルとしては異例だらけの活動で注目を集め続けてきた彼女達が、その活動に幕を下ろそうとしている。
そんな2回目の登場となるBiSの注目ポイントードラゴンズ・アイは「破天荒の終わり」-。
元々が結成当初から「解散」という目標へ向けて、粉骨砕身で走り続けてきたBiS、その為か
改めて提示された目の前の解散に対して思う事は「やれることはやり尽くした」という達成感であるという。
そして「素人である自分達が横浜アリーナに立っている姿を観て、自分にも何かできるんじゃないか?と少しでもいいからそう思ってほしい」とリーダーのプー・ルイは言う。
3月5日にリリースされるBiSとしてのオリジナルラストアルバム『WHO KiLLED IDOL?』、
その1曲目に収録されている「primal.2」は彼女達のこれまでの想いが詰まった1曲になっている。
有終の美を飾らんと7月8日に向けて走り続ける彼女達、体を張って積み重ねてきたBiSの想いとサウンド、聴けばきっと伝わるはず。

サビなび

東方神起「Something」
BiS「primal.2」
鈴湯「ワンダーアラウンド」
GALETTe「じゃじゃ馬と呼ばないで」
Alice Nine「SHINING」
ハンサムケンヤ「トワイライダー」
PINKIE「LOVE STORY」
Dorothy Little Happy「STARTING OVER」
乙女新党「サクラカウントダウン」
小桃音まい「ダンシン☆ハイスクール」

朗読少女

浜田由梨
朗読楽曲は E-girls「Diamond Only」