TOPへ

ミュージックドラゴン

2013年4月5日(金)スタート・毎週金曜深夜0時58分~放送

  • バックナンバー

ゲストトーク

東方神起
今夜のゲストは観客席から番組史上最大級の歓声で迎えられて登場した東方神起のお2人。
大人気な東方神起の気になるドラゴンニュースですが、実はユンホさん、格闘技が好きすぎるあまり、最近になって週3で『柔術』『ボクシング』『キックボクシング』を習い始めたそうです!と、いうわけで実際にタカを相手にシャドーボクシングをしてもらいました。ユンホさんがファイティングポーズをとった瞬間からビビりまくるタカに対し、「普通に殴っていいです!」と、まるで本物の格闘家のような発言をするユンホさん。
タカが恐る恐る拳を出した瞬間、ユンホさんが目にも止まらぬ速さのカウンターストレート!!
パンチは当たらなかったものの「怖~!!」と絶叫し取り乱すタカですが、続いて「カッコイイ~!」と目を輝かせていました。恐がりだけど格闘技好きなタカらしいリアクションでした。

そして、東方神起のお2人にお互いの直してほしいところを発表してもらいました。
まず、ユンホさんがチャンミンさんに直してほしいこととは、《夜食でボクを誘惑しないで!》。
身体を鍛えるため食事制限しているというユンホさんですが、チャンミンさんが夜中に作るラーメンに誘われてしまい、困っているそうです・・・。
一方、チャンミンさんがユンホさんに直して欲しいこととは、《ボクの夜食を横取りしないで!》。
ばつの悪そうなユンホさんにチャンミンさんは、「ユンホが身体を鍛えてるのは知ってたから誘わなかったけど、夜食を食べようとした時にいきなり隣にユンホが現れて『ひと口イイ?』と聞いて結構な量を食べるんです。」
と説明。ユンホさんの言い分は、「チャンミンのリアクションがハンパじゃなくて『コレ、美味しいよ!』と本当に美味しそうに食べるから。」だそうです。仲の良さが伝わってくるドラゴンニュースでした。

そんな東方神起のお2人がタカトシとしたい事は、、、タカトシと卓球対決したい!
以前、ミュージックドラゴンのスタジオライブゲストとして出演して下さった時に、
「卓球対決がしたいです!卓球ならタカトシに勝てる自信があります!」
とコメントをしてくれたのを覚えていて、その勝負を今夜実現させてくれました!!
対戦方式はダブルスで先に11点取ったチームの勝利。タカトシチームのサーブから始まり、いきなりチャンミンさんがミス!上手くリズムに乗れない東方神起チームがミスを連発し、徐々に追い上げるも11対8でタカトシチームの勝利!と思いきや、観客席からは「もう一回」コールが!!
それに応えたトシの「もう一回やりましょうか!」のひと言で勝負は泣きの一回に突入!
2回戦目はチャンミンさんのサーブから始まり、いきなりスピンを駆使して東方神起が一点先取!
先程の勝負とはうって変わって、あっという間に5点差で東方神起優勢の1−6!
ここでタカトシチームはトシに代わり秘密兵器・ばっさーを投入!卓球のルールもいまいち分かっていないばっさーはサーブを打つ度に「いくよ~」とサーブ予告。点差は依然として開き続け、結果は4対11。
東方神起チームの大逆転勝利でした!!!

エンディングでは皆が聞きたがっていた理想の告白のシチュエーションをチャンミンさんにズバリ聞いちゃいました!
チャンミンさんは「花火を見ながら恥ずかしがって、ちょっと手をつないで告白するのはどうかなぁ。」と答え、女性陣は「ドラマチック!」とキュンキュンしているようでした。
最後までカッコ良く、少しおちゃめな東方神起のお2人でした。また遊びに来てくださいね。

スタジオライブ

EXILE SHOKICHI feat.VERBAL(m-flo)&SWAY「BACK TO THE FUTURE」
私立恵比寿中学「バタフライエフェクト」
東方神起「Sweat」
安田レイ「パスコード4854」
Haruka Hummingbird「炎の花」

ドラゴンズ・アイ

西浦秀樹「1 DAY」
2005年にデビュー。
180cmの長身と甘いルックス、そして透明感のある歌声で女性を魅了するシンガー、西浦秀樹。
そんな西浦秀樹の注目ポイント、ドラゴンズ・アイは「リアルさを追求」−
これまで全ての楽曲の作詞を手がけている彼。
「もっとリアルに自分の世界で自分の言葉で色々書きたい。」
と語る彼が書く恋愛ソングは、年上の女性が対象。自分の恋愛体験から生まれる歌詞は「僕」と「あなた」で構成され、その歌詞は母へ向けた気持ちを綴った「背中」という曲にも反映されている。
「Glory Days」という曲は岩手県の高校野球のテーマソングになるなど、若い年齢層からの反響も大きい。
本音で歌うから反応が明確。元気を与えに行ったのに逆に元気をもらうこともあるという。
彼が歌詞を書き、そして歌う上で大切な事は”本音”。リアルに自分の言葉を使って表現する事で聴く人に、より身近に届けたい。それがシンガー西浦秀樹のポリシー。
そんな彼がリリースした待望の新曲「1 DAY」は、今日頑張って明日輝くことをテーマに、
“今日一日頑張ろう。”と、日々頑張る人への応援歌となっている。
自分の夢に向けて思う、等身大の本音の歌詞にも注目!

サビなび

SWANKY DANK「Sink Like a Stone feat. Hiro from MY FIRST STORY」
忘れらんねえよ「ばかばっか」
東京女子流「Killing Me Softly」
TRUSTRICK「ATLAS」
BENI「もう二度と・・・ Rebirth」
乙女新党「乙女新党のうた」
小園美樹「Song for」
KG「いつまでも いつまでも」
Doll☆Elements「君のネガイ叶えたい!」
ANGRY FROG REBIRTH「SUNDAY SILENCE」

朗読少女

桃瀬あゆみ
朗読楽曲は ウカスカジー「勝利の笑みを 君と」