TOPへ

ミュージックドラゴン

2013年4月5日(金)スタート・毎週金曜深夜0時58分~放送

  • バックナンバー

ゲストトーク

吉井和哉
ミュージックドラゴン記念すべき100回放送となる今夜は、なんとスタジオに吉井和哉さんが初登場!誰もが知る超大物ミュージシャンのまさかの出演にMC陣含め、我々スタッフもかなりザワザワ致しました!
さて吉井さん実はタカトシの大ファンだそうで、何でもタカトシ特有の“コタツ感”が好きなんだとか。何でしょう、家でゆっくりしている時にテレビに出ているイメージ、コタツ感、、、分かります。

さあそんなタカトシファンの吉井さんを迎えてのトーク企画「実は俺って○○なんです!」!!
ご本人曰くTHE YELLOW MONKEY時代のイメージにかなり苦しめられてきたという吉井さん、
今ではあの頃の影も無く、タバコは吸わず、お酒もたしなむ程度とイメージとは真逆の生活を送っているんだとか。
今夜は誰もが認めるロックスター吉井和哉さんのロックスターらしからぬ意外な素顔を大解剖しちゃいます!

先ず最初は「俺ってオフの日はカラダをイジメてるんです!」
なんでもタバコを止めたのがキッカケで計20kgも太ってしまい、一念発起!筋トレをみっちりした後に坂道で走り込む等、かなり本格的にトレーニングをしているそうなんです!!
そのキッカケというのがタバコを止めて、イエモン時代より20kgも太ってしまったからだそうなんですが今でさえかなりシュッとしている吉井さん、イエモン時代はどれだけケソッケソだったんでしょうか…。
そして禁煙に続き、お酒の量もガッツリ減らした吉井さん、そのキッカケというのが「脳の限界」を感じたからだそうで酔って記憶を無くす機会が増えたそうで、酔っている間に何かとんでもない事をしでかす前に自粛したんだとか。

そして続いてが「俺って、仏像にエロスを感じるんです!」
昔から仏像が好きで、以前美輪さんに「あなたには仏像が憑いてる!」と言われた程仏像に縁がある吉井さん。
自分のスタジオにも仏像を置くほどで、歌う前に毎回ご挨拶をしているんだとか。
お気づきの方もいるでしょうが、ここまででロックンローラーの要素ゼロです。

続いてが「俺って、10年に一度坊主にしてるんです!」
THE YELLOW MONKEY結成当時から気付けば10年周期で坊主にしているという吉井さん。
なんでも自分の中でリセットするためにしているそうなんですが、
ちょうど10周年にあたる昨年はファンに止められて出来なかったそうです、、、。

続いて「俺って、朝までLINEしてるんです!」
吉井さん、最近LINEを始めたらしく元イエモンメンバーのひーせ氏とよく朝までLINEをしているそうで、先日なんかは朝まで5時間LINEをした挙句最終的には電話までして話したそうです。
更にはクリエイターズスタンプも好きでよく購入しているらしく、何でしょう、もう女子高生の要素しかない。

最後は「俺って、iPhoneで10秒ピッタリに止める事が特技なんです!」
LINEのヘビーユーザーだという事からも分かる通り、iPhoneのヘビーユーザーでもある吉井さん。
この10秒ピッタリとはiPhoneに搭載されているストップウォッチ機能の事だそうで、
何気なくやっていたら何回も10秒ピッタリで止められたそうで、それ以来特技にしているんだとか。
ということで今夜は特別に実践!!!、、、して貰ったはいいものの結果は謎のタイム8秒2。
吉井さん、この時点でこれまでのロックンローラーのイメージは完全に消滅しました、、、。

そんな吉井さんがタカトシとしたいことは・・・卓球対決したい!
何でもレコーディングの際にスタジオに卓球台が常備してあり、
空いた時間に卓球に勤しんでいたらどうやらそれなりに上手くなったという吉井さん。
今夜はこれまで数々のアーティストを卓球で打ち負かしてきたタカトシと戦いたい!との事。
かくして幕を開けたタカトシvs吉井和哉ガチンコ卓球対決、この勝負激レアです!!
立ち上がりこそその腕前の片鱗を見せた吉井さんでしたが、その後すぐに失速、、、。
結果は11対2とタカトシチームに惨敗、、、。
なにはともあれ、吉井さんの御茶目な魅力十二分に伝わったかと思います…。

スタジオライブ

吉井和哉「クリア」
東京女子流「Stay with me」
SHINee「Your Number」
EDGE of LIFE「Just Fly Away」
Lead「My One」

ドラゴンズ・アイ

ROACH「リーリヤ -never again-」
2003年に地元・沖縄で結成された4人組ロックバンドROACH(ローチ)。
沖縄特有の空気感を持つ琉球音楽とアグレッシブなハードコアをミックスした独自のサウンドでLIVEシーンの最前線に立ち、幅広い世代から支持を受ける彼ら。
そんなROACHの注目ポイント-ドラゴンズ・アイは「ROACH’S STYLE」-。
圧倒的なパフォーマンス力とサウンドでシーンを牽引する彼等だが、その根底には
結成当初から米軍基地の耳の肥えた外国人をメインにLIVEを重ねてきたという確固たる経験値が。
彼らを盛り上げるために試行錯誤してきた下積みの時間が、今の彼らのパフォーマンス力として
実を結び唯一無二のLIVEバンドとしての地位を築き上げている。
そんなROACHの新曲「リーリヤ -never again-」は何とVo.taamaの失恋という実体験を元に
書き上げられたROACHにとっての初めてのラブソング。
切ない歌詞と琉球音楽、そしてハードコアのアグレッシブさを併せ持った彼らにとっての新機軸。
泣けて暴れられるROACHの新曲、聴けばきっと伝わるはず。

サビなび

0.8秒と衝撃。「ジャスミンの恋人」
CLEAR’S「ヨゴしたくないcry」
SHU-I「Don’t Turn Around」
瀧川ありさ「Season」
ANGRY FROG REBIRTH「LOVE YOU」
MAAKIII「スノーボールアース」
Dorothy Little Happy「デモサヨナラ(2015 ver.)」
THE HOOPERS「イトシコイシ君恋シ」
安田レイ「恋詩」
東京女子流「Stay with me」

朗読少女

原田真緒
朗読楽曲は Little Glee Monster「青春フォトグラフ」