結果はコチラ

今年もご声援ありがとうございました。
結果は・・・
通算3勝2敗でチーム中居見事勝ち越し!
しかし肝心の中居は、バスケでは2ゴールをあげたものの、
野球・ソフトは打てず、競泳対決は2レース目まさかの休憩、
フットサル対決はノーゴールとスター級の活躍できず、
罰ゲーム決定!
全力でPPAPをやり遂げました。

中居正広がリオ五輪イヤーに大活躍したメダリストや、
侍ジャパン、2020東京のスター候補とガチンコ5番勝負!

4年後の東京五輪へ、正式種目復活の野球・ソフトボール対決や、
競泳対決、バスケ対決、なでしこ連合軍とのフットサル対決と、
超一流アスリートvsスポーツを愛する芸能人が真剣勝負。
アスリートの凄さ、勝負の緊張感、
スポーツの素晴らしさを楽しくお伝えします。
5番勝負で勝ち越せなかった場合は、中居に過酷な罰ゲームが。
今年はいかに!?

① ソフトボール対決→チーム中居勝利

会場:西武プリンスドーム

ルール
チーム中居の打者は対戦するピッチャーを指名。
5人が1人2打席ずつ、合計10打席でヒットを2本打てば勝利
アスリートチーム
モニカ・アボット投手(元アメリカ代表 北京五輪銀メダル)
アリソン・カルダ投手(アメリカ代表)、山根佐由里投手(日本代表 トヨタ自動車)
峰幸代捕手(トヨタ自動車)
チーム中居
中田翔選手、西川遥輝選手(日本ハム)、山田哲人選手(ヤクルト)
鈴木尚広さん(巨人OB ※2016引退)
解説&実況
解説:掛布雅之阪神2軍監督
実況:蛯原 哲アナウンサー
写真 写真 写真

② 野球対決→アスリートチーム勝利

会場:西武プリンスドーム

ルール
チーム中居の打者は対戦するピッチャーを指名。
6人が1人2打席ずつ、合計12打席でヒットを2本打てば勝利!
アスリートチーム
武田翔太投手(ソフトバンク)、石川雅規投手、小川泰弘投手(ヤクルト)
西勇輝投手(オリックス)
チーム中居
佐藤隆太、関口メンディー(EXILE/GENERATIONS)、渡部 建(アンジャッシュ)
山中慎介選手(ボクシングWBC世界バンタム級王者)
長崎望未選手(トヨタ自動車ソフトボール部)
解説&実況
解説:掛布雅之阪神2軍監督
実況:蛯原 哲アナウンサー
写真 写真 写真

③ 競泳対決→チーム中居勝利

会場:中央大学多摩キャンパス

ルール(暫定)
メダリストとの競泳対決3種目。チーム中居は飛び込みあり。
① 平泳ぎ vs 平泳ぎリレー対決(中居はクロール)
② バタフライ vs バタフライリレー対決
③ バタフライ+平泳ぎ vs ???リレー対決
アスリートチーム
金藤理絵選手(リオ五輪200m平泳ぎ金メダリスト)
星奈津美選手(リオ五輪200mバタフライ銅メダリスト)
チーム中居
寺内健選手(飛込みリオ五輪代表)、保田賢也選手(水球リオ五輪代表)
佐藤優香選手(トライアスロンリオ五輪代表)、花田虎上(まさる) (第66代横綱)
解説&実況
解説:立石 諒選手(ロンドン五輪 200m平泳ぎ銅メダリスト)
実況:河村亮アナウンサー
写真 写真 写真
写真 写真 写真

④ フットサル対決→アスリートチーム勝利

会場:豊洲MIFA Football Park

ルール
チーム中居の中居正広のみ1ゴール3点のハンデマッチ。
アスリートチーム
INAC神戸:川澄奈穂美選手、大野 忍選手、鮫島彩選手、髙瀬愛実選手
日テレベレーザ:岩清水梓選手、阪口夢穂選手、有吉佐織選手、田中美南選手
ジェフ千葉:GK山根恵里奈選手、菅澤優衣香選手
助っ人Jリーガー:小野伸二選手(札幌)、森重真人選手(FC東京)
チーム中居
北山宏光(Kis-My-Ft2)、ナオト・インティライミ、淵上泰史、eyeron (ソナーポケット)
竹内涼真(元東京ヴェルディユース)、GK パンツェッタ・ジローラモ
武田修宏、三浦淳寛
解説&実況
解説:北澤豪
実況:鈴木崇司アナウンサー
写真 写真 写真

⑤ バスケットボール対決→チーム中居勝利

会場:町田市総合体育館

ルール
4クォーター制で、1クォーターは5分。チーム中居の得点は3倍のハンデつき。
すなわち通常の1ゴールが6点、3ポイントゾーンから決めれば9点となる!
アスリートチーム
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(西地区2位※12月8日時点)
218cmバチンスキー選手、204cmバーレル選手、
張本天傑選手、中東泰斗選手、笹山貴哉選手ら日本代表選手数名擁する強豪。
チーム中居
SU(RIPSLYME)、永井 大、中村昌也、澤部 佑(ハライチ)
中澤佑二選手(横浜F・マリノス)、宮﨑大輔選手(ハンドボール元日本代表)
伊東輝明、竹内一也、小山内喜美(中居正広友人)
解説&実況
解説:外山英明
実況:河村亮アナウンサー
写真 写真 写真
写真 写真

スタッフ

  • チーフプロデューサー:松原正典
  • 企画・監修:髙橋利之
  • 総合演出:津郷大吾・井田隆寛
  • プロデューサー:佐々木聡史・石井博