ストーリー
NANAロゴ
ストーリー
キャラクター
キャスト
音楽
スタッフ
掲示板
DVD
グッズ
あらすじ
ストーリー ナンバー 1 9 (8月16日オンエア)

ナナがレンに会いに行って2時間、奈々は実家のベッドの中で2人のことをいろいろと想像していた。女として幸せになって欲しいと願う奈々は、ナナが帰ってこなかったことから、きっと上手くいっていると考える。そして、奈々の予想通り、ナナはレンとの愛を復活させ、昔一緒に暮らしていた頃の思い出や、将来への夢を話していた。

翌日、奈々は、いつの間にか戻っていたナナに、レンとのことを聞いた。これに対し、レンと元のサヤに戻ったことをボソボソと明かすナナ。奈々は、携帯を持っていないナナから、レンからの連絡の中継役を頼まれ、もちろんOK。そして、お礼にと、タクミのサインをナナに頼んだ。

淳子と京助に会って近況を報告した奈々は、心優しいヤスに引かれているのではないか、と指摘された。そして、淳子にけしかけられた奈々は、急にヤスを意識するようになった。女にはモテない、とつぶやくヤス。そんな言葉に敏感に反応した奈々は、思わず「あたしは大好きですけど」と言ってしまう。

レイラの声量に対抗意識を燃やしたナナが腹筋を鍛え始め、メンバーにも禁煙を強制した。翌日、仕事中の奈々にレンからメールが入った。奈々は、感激のあまり、ナナになり代わり、“是非来て!ダーリン”と返信し、その夜ナナに報告した。

そんなこともあり、707号室で、レンが加わって麻雀大会が行われることになった。仕事どころではない奈々は、終業時間より10分も早くバイト先を飛び出す。そして、レンに会えると緊張気味の奈々は、自分の部屋のチャイムを鳴らした。

ドアを開けた奈々は、目の前の人物を見て思わず立ちすくんだ。奈々を笑顔で迎えに出てくれたのは、ナナでもレンでもなく、なんと憧れのタクミだったのだ。夢のような出来事がナナの用意してくれたご褒美だと気付いた奈々は、思わず涙を流した。

もどる

(c)矢沢漫画制作所/集英社・VAP・マッドハウス・NTV