「となりのトトロ」美術ボード(1988年)(c)1988ニ馬力・G
国内巡回展の開催が決定しました。ぜひご来場ください!!
2009/06/19
『ウミガメと少年』展広島県三次市で開催中!(終了しました)

現在、広島県の三良坂平和美術館で男鹿和雄さんの
%E5%A0%B1%E9%81%93%E7%94%A8.JPG『ウミガメと少年』展が開催中です。

女優・吉永小百合さんの原爆詩朗読会「第二楽章」の
ために描いた作品の一部を展示しています。

1996年、吉永さんは、ご自身が朗読する
原爆詩のCD「第二楽章」を制作するに当たって、
その表紙には、やさしく、温かい、飾ってもらえるような
美しい絵をと、そんな絵を描いてくれる画家を
探していました。
その吉永さんと男鹿さんを結び付けたのが
「男鹿和雄画集」でした。
その後、長崎、沖縄(ウミガメと少年)と続く活動に
男鹿さんも絵を描き続けています。

広島、長崎、ウミガメと少年を合わせて52点の
作品(ピエゾグラフ)を展示しています。

%E7%94%B7%E9%B9%BF%E3%81%95%E3%82%93%E6%8C%A8%E6%8B%B6.JPG

6月13日(土)の開会式には男鹿さんも出席し、
同じ日に男鹿さん本人による作品解説も行われました。
よし笛の演奏グループ「はなちゃんず」のコンサートも
開かれ、大勢のお客様で賑わいました。

7月12日(日)までの展示です。
被爆地広島で、展示を見ながら、ひとりひとりの方が
平和について思いを馳せていただけたらと思います。

広島市内からは距離がありますが、
皆様、ぜひお誘い合わせの上ご来館下さい。

%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%9A.JPG************************************
男鹿和雄『ウミガメと少年』展

会期:2009年6月13日(土)~7月12日(日)
開館時間:9時~17時まで(入館は16時30分まで)
会場:三良坂平和美術館(広島県三次市)
入館料:150円

*************************************

展覧会概要やアクセス情報が載っている
三良坂平和美術館のホームページはこちら
→ http://www.pionet.ne.jp/~mirasaka-heiwa/


2008/10/08
●スタジオジブリ関連 展覧会情報●

DSC06840.JPGスタジオジブリの展覧会を楽しみにされている
皆さんへお知らせです!

ただ今、神奈川近代文学館では
「堀田善衞展 スタジオジブリが描く乱世。」
が開催中です。

作家・堀田善衞さんの作品世界を、【乱世】
をキーワードに、原稿など資料による文学
展示と、「スタジオジブリが堀田作品を
DSC06789.JPGアニメーション映画化したら」というイメージ
展示の二部構成になっています。
皆さん、是非ご覧になってください!


「堀田善衞展 スタジオジブリが描く乱世。」
会期: 2008年10月4日(土)~11月24日(月・振休)
休館日は月曜日 ただし、10/13、11/3、11/24は開館
開館時間: 午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
会場: 神奈川近代文学館 (横浜市中区山手町110)
観覧料: 一般700円(500円)、20歳未満及び学生350円(250円)
高校生以下、65歳以上は入場無料 (  )内は20名以上の団体料金
ローチケ.comでもチケット発売中!

2008/10/04
関連展示 新潮社記念文学館にて開催中!

P9190380.JPG秋田・角館展では、関連展示として「男鹿和雄 第二楽章展
広島、長崎、そしてウミガメと少年まで」
を新潮社記念文学館にて開催しています。

1996年、俳優 吉永小百合さんは、ご自身が朗読する
原爆詩のCD「第二楽章」を制作するに当たって、
その表紙には、やさしく、温かい、飾ってもらえるような
美しい絵を、と、そんな絵を描いてくれる画家を
探していました。
その吉永さんと男鹿さんを結び付けたのが
%E9%80%81%E4%BB%98%E7%94%A8%EF%BC%G『男鹿和雄画集』です。
その出会いから現在までに、男鹿さんが「第二楽章」の
ために描いてきた作品60点あまりを、ピエゾグラフ
(高精細の複製画)で展示しています。
また、新潮社文学館の協力により『火垂るの墓』
『ウミガメと少年』の著者である野坂昭如さんの
コーナーも作られました。

平福記念美術館で開催中の「男鹿和雄展」とは、
また一味違った雰囲気の展示になっています。
「男鹿和雄展」と併せて、是非ご覧下さい!

■関連展示「男鹿和雄 第二楽章展 広島、長崎、そしてウミガメと少年まで」■
会期 : 2008年9月20日(土)~11月4日 会期中無休
会場 : 新潮社記念文学館
(仙北市角館町田町上丁23 JR角館駅より徒歩5分 平福記念美術館より徒歩15分)
入館料 : 「男鹿和雄展」のチケットをお持ちの方は無料
       新潮社記念文学館のみをご観覧の場合は300円
       ※「男鹿和雄展」のチケットは「新潮社記念文学館」でもお買い求めいただけます。

2008/06/23
「ウミガメと少年 第五福竜丸と海へ」展

 男鹿和雄展関連情報です。

 明日より、第五福竜丸展示館にて
 特別展・男鹿和雄の描くヒロシマ・ナガサキ・オキナワ
 「ウミガメと少年 第五福竜丸と海へ」展
 -トトロの森の画家が福竜丸と出会う-

 が開催されます。

 1954年にビキニ環礁での水爆実験により被害にあった
 第五福竜丸を展示する同館でこの展覧会が行われることは、
 男鹿さんの絵画を通じて、訪れる皆さんに改めて平和への思いを
 感じて欲しいという願いがあってのものです。
 本日のレセプションには男鹿さん、吉永小百合さんも駆けつけ、
 『第二楽章』について、また、第五福竜丸への思いなどをお話されました。
 
%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97.JPG DSCF4587.JPG

 第五福竜丸に寄り添うように展示されている、男鹿さんが描く3つの『第二楽章』を
 是非ご覧ください。
 ※入場は無料です。


 ■特別展・男鹿和雄の描くヒロシマ・ナガサキ・オキナワ
    「ウミガメと少年 第五福竜丸と海へ」展
    -トトロの森の画家が福竜丸と出会う-

 会期/6月24日(火)~8月17日(日)
     午前9時半~午後4時(月曜日休館)
 会場/第五福竜丸展示館
     (地下鉄有楽町線・りんかい線・JR京葉線「新木場駅」下車)
 住所/東京都江東区夢の島3-2 夢の島公園内
 問合せ/03-3521-8494
 関連HP/http://d5f.org/

2008/06/12
男鹿和雄「ウミガメと少年」展

 男鹿和雄展関連情報です。

 本日より紀伊國屋画廊(新宿本店4F)にて、男鹿和雄「ウミガメと少年」展
 が開催されています!
 広島や長崎を描いた『第二楽章』、『第二楽章 長崎から』シリーズの
 絵や、男鹿さんの作業机の再現も展示されています。
 入場無料ですので、是非足をお運びください!

DSCF4407.JPG

 ■男鹿和雄「ウミガメと少年」展
 会期/6月12日(木)~6月22日(日)
     午前10時~午後6時半(最終日は午後6時まで)
 会場/紀伊國屋画廊
 住所/東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店4階
 問合せ/03-3354-7401(紀伊國屋画廊)

2008/06/07
はなちゃんずが日テレecoウィークに登場!

男鹿和雄関連イベント情報です。

6月2日から一週間にわたり開催された日テレecoウィークに
よし笛演奏ユニット「はなちゃんず」が登場!
R0011888.JPG
ecoウィークの会場をよし笛の優しい音色で包みました。
エコということで「よし(葦)は環境に優しい植物」というお話もありました。
今回のイベントをきっかけに、よし笛に興味をもたれた方は
はなちゃんずのHPも見てみてくださいね!
■はなちゃんずHP:よし笛工房・彰

なお日テレecoウィークでも好評だった、男鹿さんの「ウミガメと少年展」は
この後も紀伊國屋画廊などで開催されます。
是非足をお運びください!
※会場の詳細はこちらをご覧ください。

2008/06/03
ジブリの絵職人 男鹿和雄『ウミガメと少年』絵画展

 男鹿和雄関連イベント情報です。

 日本テレビでは毎年、6月5日の世界環境デーに合わせて
 「日テレecoウィーク」を開催。
 このイベントの一つとして、男鹿和雄最新作『ウミガメと少年』
 の絵画展を開催しています。

 会場には男鹿さんの自然に対するコメントとともに
 『ウミガメと少年』の世界を描いた作品が18点展示さています。

 6月7日、8日には、よし笛演奏ユニット「はなちゃんず」
 コンサートも予定しています!
 男鹿和雄展東京展でも特別演奏会を開催し、沢山の方を
 よし笛の音色で魅了しました。

 男鹿和雄『ウミガメと少年』絵画展、はなちゃんずコンサート共に
 入場は無料です。
 是非足をお運びください!


R0011865.JPG
■日テレecoウィーク
    ジブリの絵職人 男鹿和雄『ウミガメと少年』絵画展

 会期/6月2日(月)~6月8日(日)
      午前11時~午後7時
 会場/汐留・日本テレビ 2Fホワイエ
 住所/東京都港区東新橋1-6-1
 問合せ/03-6215-4444
 関連HP/http://www.ntv.co.jp/eco


 ■『野坂昭如 戦争童話集 沖縄篇 ウミガメと少年』について

 『ウミガメと少年』は、太平洋戦争末期の沖縄を舞台にした物語(童話)です。
 原作は、『火垂るの墓』などでおなじみの野坂昭如。
 2001年に発表されたこの物語を、女優の吉永小百合が
 「第二楽章」シリーズのひとつとして朗読をし
 2006年には、それがCDになりました(「第二楽章 沖縄から『ウミガメと少年』」)。
 そのCDには、吉永小百合とともに、「第二楽章」シリーズを描き続けてきた
 男鹿和雄の絵が添えられています。
 そして2008年。
 男鹿和雄が新たに描き下ろした数十点の絵をもとに、『ウミガメと少年』の物語が
 装いも新たに一冊の本になりました。
 物語のすべてを英語に訳した英訳版も収録しての発売です。
 日本はもちろん、世界中の人に読んでもらいたい物語です。

image1_prof.jpg
 作:野坂昭如 絵:男鹿和雄 英訳:早川敦子
 定価:1785円(税込)
 判型:B5判変型横ハードカバー/オールカラー80ページ
 編集・発行:スタジオジブリ
 発売:徳間書店

続きを読む

2008/05/20
男鹿和雄 関連イベント情報

男鹿和雄「ウミガメと少年」展 開催のお知らせです!

 『野坂昭如 戦争童話集 沖縄篇 ウミガメと少年』
 (作・野坂昭如 絵・男鹿和雄 英訳 早川敦子)
 の刊行を記念して、各所にて展示会が開催されます。
 新刊『ウミガメと少年』を中心に、広島や長崎を描いた
 『第二楽章』、『第二楽章 長崎から』シリーズの絵も
 併せて展示されます。
 男鹿氏の手によって描かれた、沖縄の美しい風景や
 ウミガメと少年の物語を是非ご覧ください。

 ※全会場、無料でご覧いただけます。

「ウミガメと少年」展 開催概要


 ■(終了)日テレecoウィーク
        ジブリの絵職人 男鹿和雄『ウミガメと少年』絵画展

 会期/6月2日(月)~6月8日(日)
     午前11時~午後7時
 会場/汐留・日本テレビ 2Fホワイエ
 住所/東京都港区東新橋1-6-1
 問合せ/03-6215-4444
 関連HP/http://www.ntv.co.jp/eco


 ■(終了)男鹿和雄「ウミガメと少年」展

 会期/6月12日(木)~6月22日(日)
     午前10時~午後6時半(最終日は午後6時まで)
 会場/紀伊國屋画廊
 住所/東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店4階
 問合せ/03-3354-7401(紀伊國屋画廊)

 ■(終了)特別展・男鹿和雄の描くヒロシマ・ナガサキ・オキナワ
    「ウミガメと少年 第五福竜丸と海へ」展
    -トトロの森の画家が福竜丸と出会う-

 会期/6月24日(火)~8月17日(日)
     午前9時半~午後4時(月曜日休館)
 会場/第五福竜丸展示館
 住所/東京都江東区夢の島3-2 夢の島公園内
 問合せ/03-3521-8494
 関連HP/http://d5f.org/


 ■野坂昭如原作「ウミガメと少年」男鹿和雄原画展

 会期/8月21日(木)~9月26日(金)
     午前11時~午後19時(週土日祝祭日・火曜日休廊)
 会場/ギャルリー・イマ
 住所/東京都港区赤坂1-6-14 赤坂協和ビル1F
 問合せ/03-3505-0770


  『野坂昭如 戦争童話集 沖縄篇 ウミガメと少年』

image1_prof.jpg

 作:野坂昭如 絵:男鹿和雄 英訳:早川敦子
 定価:1785円(税込)
 判型:B5判変型横ハードカバー/オールカラー80ページ
 編集・発行:スタジオジブリ
 発売:徳間書店

ジブリの絵職人・男鹿和雄展・トトロの森を描いた人。オフィシャルサイト
loading...