「となりのトトロ」美術ボード(1988年)(c)1988ニ馬力・G
国内巡回展の開催が決定しました。ぜひご来場ください!!
2007/10/02
ありがとうございました。

%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%94%E3%81%96%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82.jpg

男鹿和雄さんからいただいた一筆です。


7月21日(土)以来、開催をしてまいりました「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」は、
10月1日(月)に最終日を迎え、お陰様で無事に終了致しました。
会期中は、事前の想像をはるかに超える皆様に関心をもって頂き、ご来場を頂きました。
ありがとうございました。

週末や休日などは、運営面では多くの工夫と努力をしてまいりましたが、
結果として入場までに大変長い時間お待ち頂くなど、
不自由をお掛けしましたことには、主催者としまして、大変心苦しく思っております。
展示室への入場整理にご協力を頂きまして、誠にありがとうございました。

皆様からのご好評にお応えできるよう、現在、日本国内での巡回展の検討を進めております。
会場、時期が決まりましたら、順に発表をさせて頂きます。

長らくの応援をありがとうございました。皆様に心より御礼申し上げます。


主催者一同

2007/09/30
10月1日(月)最終日!月曜日特別追加開館

おかげさまで多くのお客様にご来場いただいております。

当初9月30日(日)が最終日の予定でしたが、
10月1日を特別追加開館いたします。
(詳細はコチラ

 10月1日(月) 開館時間:10時~18時(入場は閉館の30分前まで)

尚、通常の最終入館は閉館時間の30分前ですが、
館内はゆっくりご鑑賞いただくと2時間~2時間半くらいかかりますので、
余裕をもってお越しください。


いよいよ『ジブリの絵職人 男鹿和雄展』も最終日です。
この規模、この内容でご覧いただける最後のチャンスですので、
まだ、ご覧いただいていないお客様、もう一度見たい!というお客様、
(混み合うとは思いますが)ぜひ足をお運びください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2007/09/28
今週末も夜8時まで開館!

今週末、9月29日(土)・30日(日)は
20時までの夜間延長開館を行ないます!


 9月29日(土)、30日(日)  
 開館時間:10時~20時(入場は閉館の30分前まで)
 


先週末(9/22~9/24)も夜間延長開館を行いました。
先週末の夕方の混雑状況は、
日中に比べると、待ち時間は減るものの、
18時すぎ頃まで列が続き、入場をお待たせしてしまう
状況でした。

18時半頃になりますと、スムーズにご入場いただけましたが、
本展覧会は、通常、作品をゆっくりご鑑賞いただいた場合には、
2時間~2時間半程度かかります。
また、会期最後の週末とあって、混雑状況の予測がつきませんので、
お早めのご来館をお薦めいたします。

10月1日(月)は特別追加開館です。
特別追加開館・夜間延長開館の詳細はこちら

2007/09/27
よし笛「はなちゃんず」 演奏で魅了

hanachans0924.jpg 9月24日(月) の午後と、25日(火)の日中
 よし笛(ぶえ)演奏ユニット「はなちゃんず」による特別演奏が
 展覧会エントランスにて行われました。

 会場では『となりのトトロ』や『魔女の宅急便』、『もののけ姫』など
 スタジオジブリの映画で使われているおなじみの音楽を、
 よし笛の透明感のある伸びやかな音色で、お楽しみいただきました。
 演奏後には、実際に「よし笛」を間近かで見てみたいというお客様が
 歩み寄っていらっしゃる場面も多く見かけられました。
 また24日には男鹿さんご自身もかけつけ
 秋をイメージした花籠を贈呈されました。

 よし笛や「はなちゃんず」については、
 【はなちゃんず公式サイト】 をご覧ください。

2007/09/23
9月25日(火)は開館いたします。

週明けの9月25日(火)はこれまで休館日の予定でしたが、
休まず開館いたします!

 9月25日(火) 開館時間:10時~18時

よし笛(ぶえ)の演奏ユニット「はなちゃんず」のミニコンサートもあります!
(演奏についてはこちら

最終週は展覧会閉幕に向けて、大変な混雑が予想されます。
お早めのご来館をお勧めします。

尚、通常の最終入館は閉館時間の30分前ですが、
館内はゆっくりご鑑賞いただくと2時間~2時間半くらいかかりますので、
余裕をもってお越しください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

特別追加開館・夜間延長開館の詳細はこちら

2007/09/21
今週末は夜8時まで開館!

今週末、9月22日(土)・23日(日)・24日(月・祝)は
20時までの夜間延長開館を行ないます!

毎日、多くのお客様に足をお運びいただいておりますが、
特に12時~16時の間には、入場まで長らくお待たせして
しまう状況が続いております。
ぜひ夕方からのご来場をお試しください。

 9月22日(土)、23日(日)、24日(月・祝)  
 開館時間:10時~20時(入場は閉館の30分前まで)

 

注)最終入場は閉館時間の30分前でございますが、
  通常、作品をゆっくりご鑑賞いただいた場合には、
  お出になられるまでに2時間~2時間半程度かかります。


来週、29日(土)・30日(日)も夜間延長開館を行ないます。
特別追加開館・夜間延長開館の詳細はこちら

2007/09/21
「はなちゃんず」特別演奏が再び!

9月24日(祝)25日(火)の二日間、
よし笛(ぶえ)の演奏ユニット「はなちゃんず」が再び会場に登場します。
7月21日(土)のオープニング当日や
8月25日(土)、26日(日)の特別演奏でも心癒される演奏を披露していただきました。
8月の演奏の模様は コチラ

今回の演奏開始時間は以下の通りです。

9月24日(月)  13:00/16:00/19:00
9月25日(火)  10:30/12:00/14:00

スタジオジブリの映画の音楽を中心に、
よし笛の透明感のある伸びやかな音色で、心癒される演奏をお楽しみください。

また、上記の日は展覧会場のショップにて
よし笛の演奏によるCDも販売いたします!(※ ジブリ音楽は収録されておりません)
演奏を楽しまれた後にはぜひ、ショップにてCDもお手に取ってみてくださいね。

2007/09/19
9月中の混雑状況について

連日たくさんのご来場を頂きましてありがとうございます。

本日は、9月中の混雑状況についてお知らせを申し上げます。

土曜日、日曜日、祝日はご入場いただくまでに、
事前に観覧券をお持ちの方も含め、
60分から、これまでの実績では最大180分ほどお待ちいただく時間帯が
発生することがございます。
また、9月に入りましては、平日でも60分から90分の入場待ちを頂く日も出てきております。
皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、
入場口において一定の入場コントロールを設けることで、展示室内におけるお客様の安全確保や
作品保護、鑑賞環境の保持に努めている事情に因りますので、何卒ご了解くださいませ。

館内の空調管理には十分留意しておりますが
混雑状況によっては、蒸し暑く感じることもございますので
温度調節のしやすい服装、また履きなれた靴での
ご来館をおすすめしております。

また、最終入場は閉館時間の30分前ではございますが、
通常、作品をゆっくりご鑑賞いただいた場合には、お出になられるまでに2時間程度かかります。
出来る限り、お時間に余裕をもってお越し頂けますと幸いです。

特に22日からの3連休、最終週は大変な混雑が予想されます。
お早めのご来館であれば、比較的混雑を回避できますので、ご検討下さい。
より多くのお客様にお楽しみ頂けるよう、スタッフ一同、心より努力してまいります。

尚、22日(土)・23日(日)・24日(月・祝)・29日(土)・30日(日)は
20時までの夜間延長開館
を行います。
また休館日の予定となっていた9月25日(火)は休まず開館(開館時間:10時~18時)いたします。
そして、10月1日は特別追加開館(開館時間:10時~18時)となります。


本展の観覧券は、会場の東京都現代美術館のほか、
コンビニエンスストアのローソン(店頭の「Loppi」端末をご利用ください)、
日テレ屋(東京・汐留)でも取り扱っておりますので、そちらもご利用ください。

チケット販売の詳細については コチラ をご覧ください 。

2007/09/18
9月18日(火)、来場者が20万人に!

今日18日は、臨時開館日にもかかわらず、たくさんのお客様にご来場頂きました。
そして、開幕から53日目となった本日午後、
男鹿和雄展は、20万人目となる来場者をお迎えいたしました!

記念すべき20万人目の来場者となられたのは、
野本沙有理さんと稲野辺恵里さん(埼玉県在住)。
お二人には、東京都現代美術館の板垣一典副館長より
男鹿和雄さん直筆の御礼メッセージの入った展覧会図録と
記念品が贈呈されました。

20%E4%B8%87%E4%BA%BA2.JPG

お二人はご友人の紹介でご来場頂いたんだそうです。ありがとうございます!

セレモニーではトトロもお祝いにかけつけました。
「トトロが大好きなんですっ。」と、突然のトトロ登場にびっくりしながらも大喜び。
おめでとうございました!

展覧会は10月1日(月)まで特別に会期を延長して開催いたします。
また、来週の9月25日(火)も臨時開館となります。
週末を中心に夜間延長開館も予定しています。
引き続き皆様のご来場をお待ちしています。

追加開館・夜間延長開館にかんする詳細はこちら

2007/09/15
9月18日(火)は開館いたします。

週明けの9月18日(火)はこれまで休館日の予定でしたが、
休まず開館いたします!

 9月18日(火) 開館時間:10時~18時

連休および、最終週は展覧会閉幕に向けて、大変な混雑が予想されます。
お早めのご来館をお勧めします。

尚、通常の最終入館は閉館時間の30分前ですが、
館内はゆっくりご鑑賞いただくと2時間~2時間半くらいかかりますので、
余裕をもってお越しください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

特別追加開館・夜間延長開館の詳細はこちら

2007/09/06
特別追加開館決定!!!

■■特別追加開館決定!!■■

 15万人突破を記念して、特別追加開館が決定いたしました!
 ご来場いただいた皆様からのリクエストにお応えして
 9月30日(日)までの予定だった会期を
 10月1日(月)まで延長することを決定!

 さらに、これまで休館日の予定となっていた9月18日(火)25日(火)
 両日とも、休まず開館することも決定いたしました!
 (開館時間:10時~18時)

そして、さらに…

■■夜間延長開館も決定!!■■

 9月22日(土)・23日(日)・24日(月・祝)・29日(土)・30日(日)
 20時までの夜間延長開館
を行います。

 通常の最終入館は閉館時間の30分前ですが、
 館内はゆっくりご鑑賞いただくと2時間~2時間半くらいかかりますので、
 余裕をもってお越しください。
 また、最終週は展覧会閉幕に向けて、大変な混雑が予想されます
 お早めのご来館をお勧めします。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2007/09/06
9月6日(木)、来場者が15万人に!

開幕から42日目となる、9月6日(木)午前に
来場者15万人を迎えました!

15%E4%B8%87%E4%BA%BA%E5%86%99%E7%9C%9F2.jpg記念すべき15万人目の来場者となられたのは、
江原 縁さん・実生さん(東京都杉並区在住)でした。
江原さん親子には、男鹿和雄さんより
男鹿さんの直筆の御礼メッセージの入った展覧会図録と
記念品が贈呈されました。

トトロもお祝いに駆けつけたセレモニーで
江原さんは
「とにかく驚きました! 展覧会を楽しみにしています」と
喜びの感想を述べていらっしゃいました。
おめでとうございました!

展覧会は10月1日(月)まで特別に会期を延長して開催いたします
引き続き皆様のご来場をお待ちしています。

2007/09/03
男鹿和雄さんがご案内、アニメーション美術・背景画のヒミツ

9月22日(土)、男鹿和雄展関連 こどもプログラムとして
「男鹿和雄さんがご案内、アニメーション美術・背景画のヒミツ」を実施します。

アニメーションって、どうやってできているの? 背景画って、何だろう? 光や水、風景を描く、ヒケツは?
男鹿和雄さんが、みなさんを背景画の世界にご案内します。
絵の好きな人、特に描くのがすきな人、「苦手だけど描いてみたいな」と思う人、大歓迎!
当日は、スタジオジブリで背景を描いている田中直哉さんもゲストにお招きしています。
思いがけないヒミツが聞けるかも?!みなさんの参加をお待ちしています!!

対象は小学4年生~中学3年生まで30名限定となります。
(参加費は『男鹿和雄展』観覧も含め無料。)

皆さんからの疑問、質問も大歓迎。
絵の好きな人、苦手な人、皆さんの参加をお待ちしています!
当日は、スタジオジブリで背景を描いている田中直哉さんもゲストにお招きしています。
思いがけないヒミツが分かるかも?!


■参加ご希望の方は、往復ハガキまたはFAXに 住所、氏名、学年、電話番号を記入の上、
  下記までお申込ください。

 〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
 FAXの場合は 03-5245-1141
 東京都現代美術館「男鹿さんトーク係」

 ・ハガキ、FAX1枚につき1名様のご応募を受け付けます
 ・応募者多数の場合は抽選となります
 ・締切: 9月14日(金) 必着


◇開催概要◇

「男鹿和雄さんに聞く、アニメーション美術・背景画のヒミツ」
 日 時: 9月22日(土) 13:00~15:00
 場 所: 東京都現代美術館 B2F スタジオ
 対 象: 小学4年生~中学3年生まで  30名限定
 参加費: 無料(参加者は『男鹿和雄展』を無料でご覧いただけます。)


東京都現代美術館へのアクセスは コチラ

2007/08/29
平日ポスタープレゼント実施決定!!

9月4日(火)~7日(金)の【平日】4日間に限り、
毎日、先着50名様本展オリジナルB2サイズポスターをプレゼントします。

■9月4日(火)・5日(水)のプレゼントは、
オリジナルB2ポスター[A]

%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BCA%EF%BC%BF%E6%89%8B%E6%9B%B8%E3%81%8D.jpg


■9月6日(木)・7日(金)のプレゼントは、
オリジナルポスター[B]

%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BCB%EF%BC%BF%E6%89%8B%E6%9B%B8%E3%81%8D.jpg


「となりのトトロ」でおなじみの風景が描かれた貴重な非売品のポスターとなります。

ポスターは展示室内には持ち込めませんので、
『男鹿和雄展』展示室入口でご入場時にお渡しする引換券をお持ち頂き、
お帰りの際にエントランスのクロークにてポスターとお引き換えください。

【注意】
会場で当日券をご購入の場合、チケット購入待ち列にお並びいただく場合もございます。
ポスターをご希望される場合は、チケットの事前のご購入をお勧めします。

2007/08/28
期間限定 特別ベロタクシーが運行します!

8月30日(木)~9月2日(日)の4日間、
期間限定で、
「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」特別ベロタクシーが運行します!

運行区間は「東京都現代美術館⇔清澄白河駅」の往復で、
清澄白河駅は「東京メトロ半蔵門線口」か「都営大江戸線口」かの
いずれかをお選びいただけます。
この期間限定の特別ベロタクシーは読売新聞「ヨリモ」の提供により
運賃は無料となります
(もちろん、ヨリモ会員以外の方でもご利用いただけます)。

%E3%83%99%E3%83%AD%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC2.jpg 【ベロタクシー】とは

  『環境にやさしい新しい交通システムとして開発された
  自転車タクシーです。
  「ベロ」とはラテン語で「自転車」の意味。
  定員は2名です(ドライバーを除く)。
  子供の場合は2名で大人1名分に相当します。
  速度はドライバーの脚力にもよりますが
  時速10km前後で走行します。
  一般的に徒歩が時速4~5km前後ですので、歩くより少し早い程度の速度になり
  ゆっくりした時間を満喫できる速度です。
  また、雨天の場合には運転を中止する場合もございますのでご了承ください。

  ベロタクシーについて、詳しくは コチラ をクリック!

2007/08/27
よし笛「はなちゃんず」特別演奏

8月25日(土)・26日(日)の二日間、
東京都現代美術館のエントランスにて
よし笛(ぶえ)の演奏ユニット「はなちゃんず」による特別演奏がありました。

%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%9A%E6%BC%94%E5%A5%8F.JPG

1日3回の演奏で、各回ともスタジオジブリの映画作品の曲を中心に
6、7曲を演奏していただきました。

「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」、「もののけ姫」など
映画を観た方はもちろんのこと、
観たことがなくても一度は耳にしたことがある方も多いはず。
たくさんのお客様にお楽しみいただきました。

2007/08/22
背景画の世界を体感!

展覧会は企画展示室の1階と3階で構成されています。

1階は3つの章から成っており、
背景画や美術ボードなどの作品600点以上が
ずらりと展示されています。

 第1章 背景 :テレビから映画へ
 第2章 投影 :ジブリ作品に想いを映す
 第3章 反映 :映画を離れて 

さらにエスカレーターで3階に上がると、
背景画の技法やアニメーションの撮影技法などを
分かりやすく展示したコーナー
や、
背景画をバックに写真を撮れるコーナー
「種山ヶ原の夜」上映コーナーなども。

中でも人気なのが、“背景画で遊ぼう”のコーナー。
展覧会場でのみ手に入れることができる、
トトロの折り紙でオリジナルのトトロを作って遊べるコーナーです。
出来上がったトトロは背景画をバックに携帯電話で撮影することもできます。

%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC.JPG

折り紙トトロの顔は自分で描き入れます。
男鹿さんやスタジオジブリ鈴木プロデューサーが
描いたトトロもあるんですよ。
会場で探してみて下さいね!


作品展示だけではなく、実際に仕組みを知って、
体験することで、より深く背景画の世界を堪能出来る展示となっています。

2007/08/21
8月21日(火)、来場者10万人に!

開幕から28日目となる、8月21日(火)午前に
来場者が10万人を突破しました!

記念すべき10万人目の来場者となられたのは、
鈴木さんご一家(東京都葛飾区在住)でした。
鈴木さんには、東京都現代美術館 板垣一典副館長より
男鹿さんの直筆の御礼メッセージの入ったオリジナル図録と
記念品が贈呈されました。

10%E4%B8%87%E4%BA%BA.JPG
左より:鈴木さんご一家、板垣副館長

テレビのCMを見て知り、ご来館された鈴木さんご一家。
突然の10万人の発表に驚かれつつも、喜んでいらっしゃいました。
おめでとうございました!
展覧会は9月30日(日)まで開催いたします。
引き続き皆様のご来場をお待ちしています。

2007/08/20
特別番組■CS日本での放送決定!!

日本テレビ(関東ローカル)で7月28日に放送された特別番組
「トトロの森を描いた人。ジブリで発見!残したい日本の原風景」が
CS日本で再放送されています!

Ch.300 日テレプラス&サイエンス
「トトロの森を描いた人。ジブリで発見!残したい日本の原風景」
次回放送日: 8月25日(土) 17:30~18:30

oga.jpg

スタジオジブリが描く自然は、本物以上にみずみずしく、優しさに満ちています。 
番組では、絵職人・男鹿和雄さんを通じて、残したい日本の風景を見つめ直します。
番組ナレーションには、
『第二楽章』で男鹿さんに挿画を依頼した女優の吉永小百合さんも参加。
男鹿さんの絵の魅力に迫ります。

トトロと一緒に風になった空、「サツキとメイの家」の創作秘話、
「ハウルの魔法の庭」や「シシ神の森」の原点など
番組でしか見られない映像満載。
あなたの原風景を探してください。
どうぞお見逃しなく!

ご視聴方法については こちら
CS日本のホームページは こちら をクリックしてください。

2007/08/17
会場に「はなちゃんず」登場!

8月25日(土)と8月26日(日)の二日間、
よし笛(ぶえ)の演奏ユニット「はなちゃんず」が会場に登場します。
7月21日の展覧会開会初日に、東京都現代美術館のエントランスにて
その美しい音色を聴かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ヨシとは、琵琶湖などのきれいな水辺に生えるイネ科の植物で
水をきれいに浄化する植物としても知られています。
「はなちゃんず」は、ヨシの茎を笛の管として使い、
手作りの笛で演奏活動を行っています。

普段は広く関西方面で演奏活動を行っていますが、
今回、「男鹿和雄展」のために来場し、
エントランスにて演奏していただきます。
演奏開始時間は以下の通りです。

8月25日(土)  11:30/14:00/16:00
8月26日(日)  10:00/12:00/14:00

スタジオジブリの映画の音楽を中心に、
よし笛の透明感のある伸びやかな音色で、心癒される演奏をお楽しみください。


%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%9A.JPG

 はなちゃんず
 
 琵琶湖周辺を中心に、広く関西方面で演奏活動を展開するかたわら、
 よし笛の音色を本格的デジタル録音したCD『葦風』のリリース、
 『やさしい よし笛入門CD付』(㈱ドレミ楽譜出版社)を出版する。
 また、自ら考案したよし笛の構造が特許として認められるほか、
 テレビ、ラジオなどにも出演し、よし笛の魅力を発信している。

2007/08/13
お盆休み時期の混雑状況について

8月中旬の混雑状況についてお伝えいたします。

週末からお盆休み時期にかけては、午前中から混み始め、
当日券を購入される方の待機列ができております。
また、事前に観覧券をお持ちの方も含め、展覧会場入口にて
入場をお待ちいただいている状況です(平均待ち時間 60分以上)。

館内の空調管理には十分留意しておりますが
混雑状況によっては、蒸し暑くなることもございますので
温度調節のしやすい服装、また履きなれた靴での
ご来館をおすすめいたします。

皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、
入場制限によって、お客様の安全確保作品保護観覧環境の保持
努めておりますので、何卒ご了承くださいませ。
日にちや時間帯を選んでのご来館をおすすめいたします。
なお休館日は毎週月曜日ですが、8月13日(月)は開館いたします。

最終入館は17時30分ではございますが、
館内はゆっくりご鑑賞いただくと2時間~2時間半くらいかかります。
また展覧会特設ショップ および 東京都現代美術館1階のミュージアム・ショップは
18時までの営業となりますので、お時間に余裕をもってお越しください。

本展の観覧券は、会場の東京都現代美術館のほか、
コンビニエンスストアのローソン(店頭の「Loppi」端末をご利用ください)、
日テレ屋(東京・汐留)でも取り扱っておりますので、そちらもご利用ください。

チケット販売の詳細については コチラ

2007/08/10
男鹿さんの故郷・秋田から(3)

展示室3階のショップでは
男鹿和雄さんの故郷である秋田から
ご自身も親しまれているお酒や食品をご紹介しています。
きょうは2種類の「秋田ふるさと」食品セットをご紹介します!


【秋田ふるさとの思い出】 (お菓子セット)

omoide-set.jpg 秋田で昔から親しまれているお菓子や、名産品を使った銘菓を
 1箱に ぎゅーっと詰め込みました。
 懐かしい味わいをお楽しみください。

  〔セット中身の一例〕
   ※ 手づくりのものが多く含まれておりますので
    在庫により、一部変更となる場合もあります

    あげ干し餅      … 米と雪の国・秋田で昔からある保存食です
                   食べやすくカラッと揚げてあります
    もろこし        … 伝統菓子で、煎小豆の粉と砂糖を混ぜて固めたお菓子
    秋田の駄菓子っこ … 男鹿さんが通った角館の銘菓・落ち葉かりんとう と
                   きなこ棒の詰め合わせです
    やまぶどう羹     … 天然の山ぶどう液を原料として、添加物を使用せずに作りました
    どんライス       … あきたこまち に圧力をかけて膨らませた おこし
    お米チョコ       … あきたこまち にホワイトチョコをコーティングしたもの
    あっぷる羊羹     … 秋田県平鹿産の りんごを羊羹に取り入れました


【秋田ふるさとの便り】 (食品セット)

tayori-set.jpg 秋田各地から、手間暇かけてつくった食品を取り寄せて
 贅沢な詰め合わせにしました。
 風味豊かな味わいをお楽しみください。

  〔セット中身の一例〕
   ※ 手づくりのものが多く含まれておりますので
    在庫により、一部変更となる場合もあります

    いぶりがっこ     … 秋田を代表するお漬物。燻煙した大根を米ぬかと塩で漬け込んだ、
                    香り高い味わいです
    干し餅         … 米と雪の国・秋田で昔からある保存食です
    きりたんぽセット   … ふっくらしたきりたんぽ と特製スープのセット
    みずの実っこ     … 沢水の山地に生息する山菜「みず」を
                    歯ざわりの良い醤油漬けにしました
    バッケ味噌      … 香り高いふきのとう を味噌に混ぜた逸品です
    焼き干のり      … 秋田県男鹿半島の名産。天ぷらやお吸い物にひとつまみ


地ビールも手がける田沢湖ビールの「わらび座」
地元の利を生かして、めったに東京には出回らない名産品を集めました。
1つ1つ、展覧会の女性スタッフも試食して選んだ、おすすめの物ばかりです。
数に限りのあるものもございますので、
展示室3階のショップで一度、お手にとってご覧ください。

2007/08/09
男鹿さんの故郷・秋田から(2)

展示室3階のショップでは
男鹿和雄さんの故郷である秋田から
ご自身も親しまれているお酒や食品をご紹介しています。
きょうは「地ビール」をご紹介します。

【田沢湖ビール】 アルト/ぶなの木

 『田沢湖ビール』
 男鹿さんも時折訪れる「わらび座」が作っている秋田県第一号の地ビールです。
 ブルワリーで作られる地ビールは、1本1本がとても個性的!
 その中から、本展開催を記念して2種類のビールに
 男鹿さん描き下ろしのイラストをラベルにしました。
 
 ◆ 田沢湖ビール(アルト)
tbeer_bin.jpg   グラスに注ぐと色は赤褐色で、さわやかなホップの香りがします。
   大量生産のビールでは体験できない麦芽の風味がきいた
   滑らかな口当たりです。食事のお供には最高のビールで、
   とくに、ソーセージなどの豚肉料理によく合います。
   「ジャパン・ビアカップ2006」の ケグ(樽生)部門
   ケルシュ・アルトのカテゴリーで見事、金賞を受賞した地ビールです!

 ◆ ぶなの森ビール
   白神山地を擁する秋田のブナの樹から採れた
   「日本で初めてのブナ天然酵母」と 
   奥羽山脈に連なる和賀山塊の伏流水を仕込み水とした、
   ビール酵母を生きたまま使っている生ビールです。
   森林浴を感じられる優しい香りと飲み口の良さが
   特徴のビールです。

 男鹿さんの絵による新たなラベルには
 それぞれ「田沢湖」と「ブナの木」がみずみずしく描かれています。
 こちらの題字も、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーによるもの。
 ぜひ展示室3階のショップでお手に取ってご覧ください。

  ※ 2本用、6本用の特製化粧箱もご用意しています
  ※ ブルワリーから直送で配送することもできます(送料別途)
     くわしくはショップのスタッフにお尋ねください
     大切な方への贈呈にもどうぞ
  ※ 未成年者への販売は行っておりません

2007/08/09
男鹿さんの故郷・秋田から(1)

ジブリの絵職人・男鹿和雄さんとの出会いは、
男鹿さんの絵の原点ともなっている秋田の自然との出会いでもありました。

その秋田から、男鹿さんも親しまれているお酒や食品を
展示室3階のショップでご紹介しています。
きょうはその中から「日本酒」をご紹介します。

【刈穂】 純米吟醸

 豊かな穀倉地帯のおいしい水から作られる銘酒・『刈穂』
 日本酒愛飲家のみならず、
 普段はあまり日本酒は…という展覧会スタッフにも大好評のお酒です。 

 そのキリリとして、ふくよかな香りは
 蔵元の「手造り」にこだわった製法によるものだそうです。
 今回、本展を記念して特別に作られたお酒は「純米吟醸」
 秋田県産酒造好適米「美山錦」を100%使用、
 小規模仕込みで丁寧に醸造しました。
 また、奥羽山系の雪解け水はキレがあり
 『刈穂』の淡麗でスッキリした味わいを実現しています。

kariho_bin.jpg 今回は、男鹿さんもご自宅でよく飲まれている『刈穂』のお酒に
 新たにラベル用の絵を描いていただきました!

 秋田県大仙市にある酒蔵とその裏山の風景が
 あたたかいタッチで描かれています。
 題字は スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー。
 その本物の味と、男鹿さんのイラストの味わいが
 楽しめる、限定品のお酒です。
 ぜひ展示室3階のショップでお手に取ってご覧ください。


  ※ 瓶は「1升瓶(1.8L)」と「720ML」の2種類です
  ※ 蔵元から直送で配送することもできます(送料別途)
     くわしくはショップのスタッフにお尋ねください
     大切な方への贈呈にもどうぞ
  ※ 未成年者への販売は行っておりません

2007/08/03
GO!SHIODOME ジャンポリー 男鹿和雄展コーナー展開!

7月21日(土)から8月31日(金)まで、
東京・汐留の日テレタワーでは、夏の恒例イベント
GO!SHIODOME ジャンボリーを開催しています(入場無料)。

日テレタワーの大屋根下広場には、
8月2日(木)から男鹿和雄展のコーナーが登場!
(上記のジャンボリー サイトの右上にある「1F 大屋根広場&ゼロスタ」をクリック)

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%BC%20.jpg

トトロと一緒にバス停の前で写真が撮れます。

じつは 東京都現代美術館の最寄り駅・清澄白河駅から
都営大江戸線で1本で行くことができます(汐留駅下車)。
アクセスは こちら をご覧ください。
みなさんのご来場をお待ちしております!

2007/08/01
混雑状況について

開幕10日目を迎えました。
現在の混雑状況についてご案内いたします。

土曜・日曜は、昼前頃から混み始め、
当日券を購入されるかたの待機列ができる事があります。
また、事前に観覧券をお持ちの方も含め、
展覧会場入口にて入場制限を行う時間帯もございます。(土日の午後で平均60分)
入場制限によって、
お客様の安全確保や作品保護、観覧環境の保持に努めておりますので、
何卒、ご了承ください。

現在のところ、平日の午前中早めの時間は、
比較的ご鑑賞いただきやすい環境でお楽しみいただけますので、
お時間を選んでのご来館をおすすめします。

最終入館は17時30分ですが、
館内はゆっくりご鑑賞いただくと2時間~2時間半くらいかかりますので、
余裕をもってお越しください。

2007/08/01
男鹿和雄展関連イベント(日本科学未来館)

東京・江東区青海の日本科学未来館では、
8月29日(水)から9月2日(日)までの5日間限定で
「ジブリの絵職人 男鹿和雄作品から考える~人と自然の未来~」を開催します。

男鹿和雄による背景画の世界を
15m×7mの高精細大画面にて観賞していただけます。
男鹿氏の描く風景の中に身を置きながら
未来の人と自然のあり方について考える、楽しいイベントです!

「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」とあわせてどうぞお楽しみください。

日本科学未来館 イベント詳細ページ

%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E9%A4%A8%E5%B1%95%E7%A4%BA%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8.jpg
写真はイベントイメージ

日本科学未来館へのアクセスは コチラ をご覧ください。

2007/07/31
東京メトロスタンプラリー実施中!!

7月21日(土)から9月30日(日)まで、
「男鹿和雄展開催記念 東京メトロ 2007 SUMMER スタンプラリー」が
実施されています。

詳しくはこちら

%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%97%E5%B8%B3.JPG

スタンプ帳はシール付のクイズ形式!
スタンプ帳は男鹿和雄さんの作品を観て、
どの映画の背景画/美術ボードかを当てるというクイズ形式です。
まずはスタンプ帳についている映画のポスターシールを各ページに貼ってみてください。
そして、スタンプ台が設置されている各駅をめぐってみましょう。
スタンプを押すと、スタジオジブリ鈴木敏夫さんの書いた映画のタイトルが・・・。

“ジブリの絵職人”男鹿和雄(おがかずお)の背景画とめぐる、スタンプラリー。
ぜひ、ご参加下さい。

2007/07/27
明日28日は「男鹿和雄展 こどもの日」

明日・7月28日(土)は「男鹿和雄展 こどもの日」です。

この日に限り、高校生以下の皆様は「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」を無料でご覧いただけます。

また、「こどもの日特別展示」として
エントランスにて、吉永小百合さんの原爆詩朗読活動『第二楽章』のために
男鹿さんが描かれた挿画のピエゾグラフ展示も行います。

 『第二楽章』とは
   女優・吉永小百合による原爆詩の朗読を中心に、平和へのメッセージを
   伝えるために行われているチャリティーイベント。朗読を収めた広島編、長崎編、
   沖縄編それぞれのCD(ビクターエンタテインメントより発売中)では、
   男鹿和雄がそのジャケットの絵を描いた。その他、詩画集の挿画も書くなど、
   活動を通じた交流は、現在も続いている。

 「エプソンピエゾグラフ」とは
   ピエゾグラフは、セイコーエプソン株式会社のインクジェットプリント技法の総称で、
   再現性の高さと繊細な仕上がりが特徴。原画の表面の凹凸や陰影、
   絵具の重なりまで再現が可能。
   ピエゾグラフおよびエプソンピエゾグラフはセイコーエプソン株式会社の登録商標です。


そして、13:00から13:40まではエントランスにて
東京ジュニアオーケストラソサエティの演奏もお楽しみいただけます。
スタジオジブリの懐かしい曲も披露されるかもしれません。

皆様のお越しをお待ちしております。

*同時開催の「磯辺行久 SUMMER HAPPENING」展には適用されませんのでご注意ください。
*また「MOTコレクション」も当日に限り高校生以下は無料でご覧になれます。

2007/07/25
いよいよ今週土曜日! 「トトロの森を描いた人。 ジブリで発見!残したい日本の原風景」

いよいよ今週土曜日、
7月28日(土) 午前10時30分~11時25分
日本テレビ(関東ローカル)で放送です!

『トトロの森を描いた人。ジブリで発見!残したい日本の原風景』

%E7%89%B9%E7%95%AA.jpg

スタジオジブリが描く自然は、本物以上にみずみずしく、優しさに満ちています。 
番組では、絵職人・男鹿和雄さんを通じて、残したい日本の風景を見つめ直します。
番組ナレーションには、
『第二楽章』で男鹿さんに挿画を依頼した女優の吉永小百合さんも参加。
男鹿さんの絵の魅力に迫ります。

トトロと一緒に風になった空、「サツキとメイの家」の創作秘話、
「ハウルの魔法の庭」や「シシ神の森」の原点など
番組でしか見られない映像満載。
あなたの原風景を探してください。
どうぞお見逃しなく!

2007/07/23
「となりのトトロ」フィルム上映会にご招待!

『ジブリの絵職人 男鹿和雄展』開催記念
「となりのトトロ」 ヨリモ会員向けフィルム上映会に1200人をご招待

%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AD%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg 『男鹿和雄展』の会期中[7/21(土)~9/30(日)]、
ヨリモ会員向けに「となりのトトロ」(宮崎駿監督)のフィルム上映会を
実施します。
同伴者も含め、1200人をご招待します。

 ※ ヨリモとは
    ヨリモは、読売新聞による新しい会員制サービスです。
    どなたでも入会できます。読売新聞の購読者でない方もどうぞ。
    入会金や年会費は一切かからず、無料です。

『男鹿和雄展』の開催にちなんで上映される本作品は、
テレビやDVDではおなじみですが、
35㎜のフィルムによる本格的な上映はめったにありません。
男鹿さんの背景画とともに、貴重な上映会をお楽しみください。

続きを読む

2007/07/21
男鹿和雄展開幕!!

本日より、いよいよ男鹿和雄展が開幕しました。
開館時間よりも早く、たくさんのお客様が来場され、
入場待ちの列がつくられました。

本日、7月21日(土)から7月27日(金)までの1週間(但し7月23日(月)の休館を除く)に限り、
各日先着100名様に、本展オリジナルポスター(非売品)1枚のプレゼントを実施しております。
詳しくはこちら

皆様のお越しをお待ちしております。

2007/07/21
7月20日(金) 開会式・内覧会・レセプション開催

7月20日(金)、一般公開に先立ち、
開会式・内覧会・レセプションが行われました。

プレス関係者を含め、総勢400名以上が来場され、
盛大なオープニングとなりました。

kagamiwari.JPG

続きを読む

2007/07/18
7/28(土)「男鹿和雄展 こどもの日」

7/28(土)は「男鹿和雄展 こどもの日」。

この日に限り、高校生以下の皆様は「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」を無料でご覧いただけます。

13:00から13:40まではエントランスにて東京ジュニアオーケストラソサエティの
演奏もお楽しみいただけます。
スタジオジブリの懐かしい曲も披露されるかもしれません。

皆様のお越しをお待ちしております。

*同時開催の「磯辺行久 SUMMER HAPPENING」展には適用されませんのでご注意ください。
*また「MOTコレクション」も当日に限り高校生以下は無料でご覧になれます。

2007/07/14
この雑誌に注目!![2]

『読売ウィークリー』
7月29日号(7月14日発売)
(掲載ページ:P88~P90)
展覧会の開幕を前に、男鹿和雄が語る。
スタジオジブリ、宮崎駿監督との仕事などについて紹介。

『FLIX』
9月号(7月21日発売)
自然の光や風、匂いまでも感じ取ることができる「男鹿の世界」。
代表的な作品などカラーで紹介。

『Shortcoco』
spoon特別編集(7月17日発売)
“トトロの森を描いた人”男鹿和雄と
展覧会の魅力をカラーで特集。

2007/07/13
この雑誌に注目!![1]

『女性自身』
(光文社発行/7月24日号 特別定価:350円)
(掲載ページ:P10、P11)

「トトロの森へようこそ」
ジブリ作品の背景画を支えてきた男鹿和雄にインタビュー。
背景画のみの作品とキャラクターの描かれたセル画が載った状態の作品を比べながら、
作品の裏に隠された制作時の話などを紹介。


『週刊文春』
(文藝春秋発行/7月19日号 定価:320円)
(掲載ページ:P127)

%E9%80%B1%E5%88%8A%E6%96%87%E6%98%A5.jpg

編集部赤マル!コーナーで紹介。
作品が描かれる過程や男鹿和雄の思い出に残る作品など。

2007/07/13
ロイヤルパークホテル 特別宿泊プラン

ロイヤルパークホテルでは、展覧会会期中、
『夏休み!東京都現代美術館~ジブリの絵職人・男鹿和雄展チケット付プラン』を
お楽しみいただけます。
男鹿和雄展チケット+展覧会図録+展覧会オリジナルミニ便箋+東京メトロ一日乗車券
がセットになった夏季限定プランです。

RPH%E5%A4%96%E8%A6%B3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%95%E7%94%A8.jpg


東京都現代美術館のある清澄白河駅へは、
ホテル直結の水天宮前駅より電車で約5分と大変便利!
夏休みの思い出にジブリの世界へぜひお出かけください。

続きを読む

2007/07/13
ホテルイースト21東京 特別宿泊プラン

ホテルイースト21では、展覧会会期中、
『「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」を楽しもう!アートの森鑑賞プラン』をお楽しみいただけます。
スタジオジブリ作品の名シーンの舞台を描いた作品の数々を、ご家族皆様でお楽しみ下さい。

%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%EF%BC%92%EF%BC%91%E5%A4%96%E8%A6%B3.jpg

続きを読む

2007/07/10
特別番組『トトロの森を描いた人。ジブリで発見!残したい日本の原風景』放送決定!!

トトロ、おもひでぽろぽろ、平成狸合戦ぽんぽこ、もののけ姫…
ジブリアニメの愛される秘密は、
いきいきとしたキャラクターたちだけでなく、
「美しい背景」にもあります。

番組では、ジブリの背景画を創る絵職人・男鹿和雄氏を通じて
残したい日本の風景を見つめ直します。
この番組だけで聞ける話も盛りだくさんです!

%E7%89%B9%E7%95%AA.jpg

日本テレビ(関東ローカル)
7月28日(土) 10:30~11:25

『トトロの森を描いた人。ジブリで発見!残したい日本の原風景』

くわしくは こちらの記事 をご覧ください

2007/07/04
ラジオ日本(1422kHz)『赤坂泰彦のSUPER EVENT EXPRESS』特集決定!!

ラジオ日本(1422kHz)
『赤坂泰彦のSUPER EVENT EXPRESS』
7月9日(月)~13日(金)8:15~8:25
7月16日(月)~20日(金)8:15~8:25

開幕直前の7月9日(月)-13日(金)と7月16日(月)-20日(金)の2週連続で、
ラジオ日本(1422kHz)の『赤坂泰彦のSUPER EVENT EXPRESS』で
『ジブリの絵職人 男鹿和雄展』の特集が決定!!

1週目は男鹿和雄の愛弟子でもある、スタジオジブリ美術部長の田中直哉さんと
本展の会場である現代美術館の学芸員、鎮西芳美さんが登場。
2週目はスタジオジブリ広報部長、西岡純一さんが登場して、
男鹿和雄や本展の見どころについてご紹介します。
是非、お聴き逃しなく。

詳しくはこちら

2007/07/04
男鹿和雄展開催記念 東京メトロ2007 SUMMER スタンプラリー実施決定!!

「男鹿和雄展開催記念 東京メトロ 2007 SUMMER スタンプラリー」
7月21日(土)から9月30日(日)まで実施いたします。

%E4%B8%80%E6%97%A5%E5%88%B8%20%E7%94%B7%E9%B9%BF%E5%92%8C%E9%9B%84%EF%BC%88%E5%A4%A7%E4%BA%BA%EF%BC%89.jpg  %E4%B8%80%E6%97%A5%E5%88%B8%20%E7%94%B7%E9%B9%BF%E5%92%8C%E9%9B%84%EF%BC%88%E5%B0%8F%E4%BA%BA%EF%BC%89.jpg

専用一日乗車券

%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9.jpg

特製パスケース

続きを読む

2007/07/02
開幕ウィーク 先着100名様ポスタープレゼント実施決定!!

記念すべき開幕ウィークにご来場して頂いたお客様へ
スペシャル特典をご用意しました。
7月21日(土)から7月27日(金)までの1週間(但し7月23日(月)の休館を除く)に限り、
各日先着100名様に、本展オリジナルポスター(非売品)1枚をプレゼントします。

%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BCA%EF%BC%BF%E6%89%8B%E6%9B%B8%E3%81%8D.jpg

オリジナルポスター
「となりのトトロ」でおなじみの風景が描かれた貴重な非売品のポスターとなります。

ポスターは展示室内には持ち込めませんので、
『男鹿和雄展』展示室入口でご入場時にお渡しする引換券をお持ち頂き、
お帰りの際にエントランスのクロークにてポスターとお引き換えください。

2007/06/20
ローソンにてチケットご購入で男鹿作品の特製しおりをプレゼント!

ローソンで本展のチケット、ならびに「三鷹の森ジブリ美術館」とのセット観覧券をお買い上げの皆様に、
男鹿和雄の作品がデザインされた特製しおり(非売品)を、もれなくプレゼントします。

続きを読む

2007/06/20
本展に 三鷹の森ジブリ美術館が全面協力!

本展の開催に際して、スタジオジブリとともに「三鷹の森ジブリ美術館」(東京都三鷹市)
からも全面的なバックアップをいただきます。

続きを読む

ジブリの絵職人・男鹿和雄展・トトロの森を描いた人。オフィシャルサイト
loading...