「となりのトトロ」美術ボード(1988年)(c)1988ニ馬力・G
国内巡回展の開催が決定しました。ぜひご来場ください!!
2007/06/20
本展に 三鷹の森ジブリ美術館が全面協力!

本展の開催に際して、スタジオジブリとともに「三鷹の森ジブリ美術館」(東京都三鷹市)
からも全面的なバックアップをいただきます。

%E3%82%B8%E3%83%96%E3%83%AA%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8.jpg
三鷹の森ジブリ美術館 ©Museo d'Arte Ghibli
日時指定の予約制。チケットはコンビニエンスストアローソンでのみ販売。


(1) ジブリ美術館の貴重な作品の数々を多数展示
本展では、ジブリ美術館で大切に保管されてきた男鹿和雄による背景画や美術ボードなどが
多数出品されます。
男鹿自身が美術監督を務めたジブリ作品「となりのトトロ」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「もののけ姫」をはじめ、背景として参加した「紅の豚」や「ハウルの動く城」「ゲド戦記」まで、
様々な名場面の背景画が今回、ジブリ美術館の協力を得て展示可能となりました。
本物の背景画や美術ボードをこれだけの規模でご覧いただけるのは非常に稀少な機会です。
ぜひご期待ください。

(2) ジブリ美術館の学芸員が全面協力
ジブリ美術館の学芸員と、スタジオジブリのイベント事業室スタッフが
本展の企画立案から参加し、入念な作品選定から設営まで参画しています。

(3) 魅力的なセット観覧券の発売
本展とジブリ美術館のセット観覧券が、各日数量限定で発売されます。
通常よりも割引価格になるだけでなく、ジブリ美術館への入場指定時間が通常より緩和されている
スペシャルなセット観覧券となります! 詳しくはこちら

(4) ジブリ美術館のみで発売開始の「男鹿和雄コレクション」を特別販売
この夏、新発売されるジブリ美術館オリジナルグッズ「男鹿和雄コレクション」を、
開催期間中に限り特別に本展会場でも販売いたします。
男鹿作品の中から広く愛されるイラストを中心にデザインされた商品の数々。
この夏、「男鹿和雄コレクション」が買えるのは、三鷹の森ジブリ美術館と本展会場のみです。
ぜひお見逃しなく!

ジブリの絵職人・男鹿和雄展・トトロの森を描いた人。オフィシャルサイト
loading...