「となりのトトロ」美術ボード(1988年)(c)1988ニ馬力・G
国内巡回展の開催が決定しました。ぜひご来場ください!!
2009/05/06
『ウミガメと少年』サイン本、残り少なくなりました。


長崎展でも男鹿和雄さんの最新作『ウミガメと少年』を販売しています。

R0112503.JPG
数量限定で男鹿和雄さんがサインをされています。

間もなく完売しそうですので、ご希望の方はお早目に!

『ウミガメと少年』サイン本は美術館のエントランスロビーにあるショップで販売しています。
高さ12メートルの吹き抜けが気持ちの良いショップですよ!

男鹿和雄展オリジナルグッズのほか、スタジオジブリ関連商品も多数取り揃えています。

%E7%89%A9%E8%B2%A9POPa4-3.jpg
『野坂昭如 戦争童話集 ウミガメと少年』
作:野坂昭如 絵:男鹿和雄 英訳:早川敦子
定価:1785円(税込)
判型:B5判変型横/オールカラー80ページ
発行:スタジオジブリ
発売:徳間書店


『野坂昭如 戦争童話集 ウミガメと少年』について

『ウミガメと少年』は、太平洋戦争末期の沖縄を舞台にした物語(童話)です。
 原作は、『火垂るの墓』などでおなじみの野坂昭如。
 2001年に発表されたこの物語を、女優の吉永小百合が
 「第二楽章」シリーズのひとつとして朗読をし2006年には、
それがCDになりました(「第二楽章 沖縄から『ウミガメと少年』」)。
 そのCDには、吉永小百合とともに、「第二楽章」シリーズを描き続けてきた
 男鹿和雄の絵が添えられています。
 そして2008年。
 男鹿和雄が新たに描き下ろした数十点の絵をもとに、『ウミガメと少年』の物語が
 装いも新たに一冊の本になりました。
 物語のすべてを英語に訳した英訳版も収録しての発売です。
 日本はもちろん、世界中の人に読んでもらいたい物語です。

ジブリの絵職人・男鹿和雄展・トトロの森を描いた人。オフィシャルサイト
loading...