ネコ写真家紹介 プロフィール

沖 昌之(オキ マサユキ)

趣味▶︎ドラマ鑑賞・ねことゆっくり時間をすごす。

自分の性格▶︎おっとりしてます。あまりにおっとりしすぎて猫にも若干なめられてます。その感じが好きです。

経歴▶
アパレルに勤務し、宣伝用人物・商品の撮影担当を経て2015年4月に独立。猫びより「必死すぎるネコ」を連載中。代表作「ぶさにゃん」にて猫のさまざまな奇跡の瞬間を捉え発表しています。「好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい。」に写真提供。

猫への思い▶
猫写真家と名乗っておりますが、撮影時間より眺めている時間のほうが長く本当に猫を見ていると学ぶこともありそれ以上に幸せな気持ちになります。そんな愛らしい猫の姿や瞬間をぼくの写真を通しておはにゃんの視聴者におすそ分けできたらいいなと思っております。猫ってこんなことするんだ!って毎朝思わず見てしまいたくなるような写真をお届けしていきますのでぜひご覧くださいませ。

沖昌之_猫写真

©Masayuki Oki

中山 祥代(ナカヤマ サチヨ)

趣味▶︎よさこい、ヨガ

自分の性格▶︎好きなことはコツコツ続ける。

経歴▶
1997年よりブライダルを中心にプロカメラマンとして活動開始し20年間つとめる。並行して猫を撮影。現在は猫写真家としてカレンダー、写真集、雑誌、書籍、執筆、数々の猫イベントに参加。

猫への思い▶
外で暮らしている猫たち(地域猫)に何回も何年も会いに行きます。一緒に遊ぶことでどんどん仲良くなり、私が歩くとぞろぞろとついて来てくれることも。遊び友達になることで、のびのびとした自然な表情や面白い瞬間を撮影しています。気持ちのいい青空、心地いい風、草花や木々の香り、夕日の美しさを感じながら猫と過ごすことはとてもぜいたく。忙しい朝にクスッと和んでいただけるよう、猫たちにもらった優しい時間をお裾分けできればうれしいです。

中山祥代_猫写真

©Sachiyo Nakayama

新美 敬子(ニイミ ケイコ)

趣味▶︎猫全般、撮影、料理、葡萄酒

特技▶︎勘が冴えていることがある

自分の性格▶︎根が真面目、竹を割ったような性格といわれます。

経歴▶
犬猫写真家。特定郵便局勤務ののち、テレビ番組制作の仕事に携わり映像と写真を学ぶ。世界を旅して出会った猫や犬と人々との暮らしを撮り続けてかれこれ30年。隔月刊『猫びより』の長期連載「世界の旅猫」をはじめ、雑誌、新聞、webなどで写真とエッセイを発表している。著作写真集多数。近著に「恋する猫さんぽ」「ありがとう 猫が贈ることば」「マルタの猫」がある。

猫への思い▶
猫が愛おしくてたまらない。うちにいる猫はもちろんのこと、散歩や旅先で出会う猫に対しても、畏敬の念を持って接しています。猫は、スゴイ生き物だと思う。美しくかわいいばかりでなく、身体能力も記憶力もすばらしい。先を見通す力さえ持ち合わせています。また、猫と人が暮らしてきた歴史をひもとけば、人類にとって不可欠な存在であることも忘れてはなりません。彼らに感謝しながら、その猫らしさ、個性を写し撮ることができたらと、彼らと向き合っています。

新美敬子_猫写真

©Niimi Keiko

北田 友二(キタダ ユウジ)

趣味▶愛猫「あずき」の写真を撮ること・猫スイーツを探すこと。

自分の性格▶猫みたいなのんびりした性格

経歴▶
学生時代、雑誌『月刊カメラマン』の「新人カメラマン持ち込み」企画へ参加したのをきっかけに、猫の写真を撮り続け、定期的に作品を発表しています。昨年12月までオリンパスの写真投稿コミュニティ「フォトパス」で猫コミュの管理人を務めていました。

猫への思い▶
路地を歩き、そこで出会った猫を撮っています。自然な表情を撮ろうと少し遠くから撮り始めますが、だんだん近づいていき、気がつけば写真を撮るのを忘れて猫と遊んでいます。猫の表情やしぐさが好きなので、そんな可愛い顔や、面白い瞬間をお見せできればと思います。よろしくお願いします。

北田友二_猫写真

©Kitada Yuji

ねこたろう

趣味▶︎知らない町の散策とラーメン店巡り

自分の性格▶︎何事にもフラットな中立、人の意見に左右されず自分で判断しないと気が済まない。

経歴▶
会社員の傍ら猫の写真を撮り続け、週末のほとんどを何処かの保護猫カフェで過ごす日々。SNSで写真を公開しつつ「保護猫写真展」を関東各地で開催している。現在は猫に関する情報を発信するWebサイト「にゃんこマガジン」や猫好きの聖地として知られる「猫本専門神保町にゃんこ堂」のポータルサイトにも記事を寄稿している。

猫への思い▶
猫は今人間に最も身近な動物と言っても過言ではないくらいさまざまなところに居ます。すべての猫が幸せになって欲しいと願う一方でそれが難しい現状があるのもまた事実です。僕がここ数年、保護猫カフェを巡って知ったことは、その背景で猫のために人知れず活動する人たちの多さとその熱い想いです。譲渡会や里親会は今毎週の様に何処かで行われています。猫を飼いたいと思った時にはぜひ足を運んでいただきたいと願ってやみません。そして里親会の会場ではなかなか伝わらない保護猫の可愛さを、写真を通してお伝えするのが僕の役割だと思っています。

ねこたろう_猫写真

©ねこたろう

ページの先頭へ ▲