放送内容

#90

2013.01.05 O.A.

オリーブ

オリーブ

オリーブ

イタリア料理に欠かせないオリーブ。地中海が原産とされ、実を塩漬けにしたり、絞ってオリーブオイルを取ります。日本では明治時代の終わりに香川県小豆島で栽培が成功。以来、小豆島の特産物として栽培が続けられています。

山田典章さん

山田典章さん

1967年生まれの山田典章さん。大学を卒業後、東京の会社でサラリーマンをしていましたが、40歳を過ぎた時、「まだ若くて柔軟な頭の時に挑戦をしてみたい」と農業の道に転身します。小豆島には奥さんのいづみさんの実家があり、里帰りの時にいつも見ていたのがオリーブ。違う道を模索していた時にふと思い浮かんだのがオリーブの栽培でした。
山田さんは「どうせやるなら人とは違うことを」と思い、小豆島では誰もやっていない無農薬の有機栽培を試みます。小豆島には、オリーブには天敵の害虫がいて、今までは農薬を使う以外にオリーブを栽培する方法は無かったのです。
山田さんは一日も欠かさず、すべての木の観察をしました。そして、害虫の生態を研究し害虫の育ちにくい環境を作ることで、無農薬のオリーブ作りに取り組んでいます。

はみ出し取材メモ

はみ出し取材メモ

・ オリーブの木の環境を整えることの一つに剪定があります。地面から1メートルぐらいのところまでは枝を落とし、幹に一日中太陽の光が当たるようにします。また、陽当たりを考慮し木と木の間隔にも気を使います。
・ 現在は採れたての実をそのまま出荷するという依頼が一番多いそうです。特にイタリアンレストランなどが、その店で加工するために山田さんのオリーブを注文するのだそうです。
・ 他にもオリーブを塩漬けにしたり、オリーブの葉を使ったオリーブリーフティの販売を始めています。加工は奥さんも手伝い、家族でオリーブ作りに取り組んでいます。

取材先データ

取材先データ

山田オリーブ園
http://www.organic-olive.jp/

MUSIC
♪「Sunday Morning」Tangerine

過去の放送内容