放送内容

#93

2013.01.26 O.A.

きりたんぽ鍋

きりたんぽ鍋

きりたんぽ鍋

雪国・秋田を代表する郷土料理の「きりたんぽ鍋」。
鍋のメイン食材は勿論「きりたんぽ」。炊いたご飯をスリコギでつぶしてこね、それを串に巻き付けて、表面がほんのりキツネ色になるまで焼いたもの。これに鶏肉や色々な季節の野菜を加えて煮る。真冬に囲む一家団欒の主役です。

小林薫さん

小林薫さん

秋田県大館市にある「ふるかわおんせん」の三代目若女将の小林薫さん。
この旅館の看板料理は、薫さんが丹念に作る「きりたんぽ鍋」。23年前に亡くなった先代の父の味を大切に守り通しています。

薫さんの「きりたんぽ鍋」。比内地鶏で8時間以上煮込んだダシを使い、中を彩るのは地元・大館で獲れたものばかり。きりたんぽ、比内地鶏、セリ、ゴボウ、椎茸、舞茸、長ネギ、里芋。その他、その時期獲れた旬の野菜。秋田・大館の味覚を一鍋に凝縮して饗されます。

はみ出し取材メモ

はみ出し取材メモ

大館は雪深い場所柄、スキー競技が盛んなところ。
薫さんは、子供の頃クロスカントリーの選手だったそうです。そして先代の父親は、星一徹ばりのスパルタコーチ。雪の中、スキー板を履いて毎日何十キロも走る練習をさせられたのだとか。クタクタになって家に帰ると、父特製の「きりたんぽ鍋」! その時のおいしさは、今でも忘れられない思い出だそうです。

薫さんは学生時代、競技を変えてしまいましたが、お姉さんはクロスカントリーを続け、なんと長野オリンピックの日本代表選手になられたそうです。
お父さん・お姉さん、すごい!!

そんな薫さん一家の一番のオススメは、二日目の「きりたんぽ鍋」だそうです。
一晩中、味をしみ込ませた鍋は、また格別! 勿論取材班も翌朝アツアツにしていただきました。具材全体に味が芯まで染みて、えも言われぬ納得の美味しさ。
大館でしか味わえない郷土の味でした。

取材先データ

取材先データ

「ふるさわおんせん」
秋田県大館市字新網27
電話:0186-48-4295

MUSIC
♪「Magic」Selena Gomez

過去の放送内容