放送内容

#94

2013.02.02 O.A.

白菜

白菜

白菜

鍋ものや中華料理には欠かせない野菜、白菜。日本で食べられるようになったのは意外と最近、本格的に栽培されるようになったのは大正時代から。冬の野菜として知られ、夏の終わりに種を蒔き、鍋がおいしくなる11月頃から収穫が始まります。

栗原誠治さんと霜降り白菜

栗原誠治さんと霜降り白菜

群馬県伊勢崎市で白菜を作っている、栗原誠治さん。今までトウモロコシやブロッコリーを作っていましたが、3年前から冬の時期に白菜作りをはじめました。
栗原さんが取り組んでいるのは、霜降り白菜。白菜は霜に当たると傷んでしまいますが、身を守ろうとするため、甘みが増します。霜降り白菜はその現象を利用して、葉の上部を紐で縛り、霜が外側の葉だけに付くようにして育てます。外側の葉は犠牲になり枯れてしまいますが、中はみずみずしく水分を保ち、甘い白菜ができるのです。
昨季はまだ栽培に慣れず納得できる出来ではなかったのですが、今季はそのリベンジ。1月中旬から2月にかけて、畑では毎日収穫が行われています。

はみ出し取材メモ

はみ出し取材メモ

栗原さんは若い頃、小説家を目指していました。今でもその夢は諦めず、仕事の合間には机に向かい書きかけの小説に取り組んでいます。
しかし、最近は「野菜も自分の作品」と考えるようになったそうです。野菜も小説も、自分が一生懸命に作り上げた作品なのです。
家には、3歳になる一人娘の実侑(みゆ)ちゃんがいて、ますます自分の時間が少なくなってしまったと嘆く栗原さん。しかし、そうしたことも含めて、肯定的に人生を楽しんでいる栗原さんです。

取材先データ

取材先データ

Sage Garden 
http://www5.wind.ne.jp/SageGarden/

MUSIC
♪「The In Crowd」 Mitchel Musso

過去の放送内容