食材バカ一代

 

 

5月28日
家庭料理が一流料亭の味になる和食のかくし味!

和食のかくし味 その壱 『野崎流合わせ薬味』


≪材料≫
青ネギ(小口切り)…1/2本  ミョウガ(小口切り)…3個  青ジソ(せん切り)…10枚  ショウガ(みじん切り)…1かけ  カイワレ(ざく切り)…1パック

≪作り方≫
【1】 それぞれ切った薬味を合わせて、冷水に5分さらす。
【2】 ざるなどで水を切ったら完成。
※密閉容器に入れて、冷蔵庫で1週間保存できる。

合わせ薬味を使った料理 『野崎流卵かけご飯』


≪作り方≫
【1】 熱々のご飯にしょう油を回しかける。
【2】 常温にしておいた生卵を割り入れて、おろしワサビと合わせ薬味をのせたら完成。

和食のかくし味 その弐 『野崎流魚の煮物』


≪材料(4人分)≫
魚の切り身(今回はサワラを使用)…4切れ  ワカメ(もどした物)…120g  ネギ…4本  塩…少々  薄口しょう油…40ml  酒…40ml  水…600ml

≪作り方≫
【1】 魚の切り身に薄く塩をふり、20分置いておく。
【2】 熱湯に魚の切り身をくぐらせて霜降りにする。熱湯をくぐらせた後はすぐに氷水につけて冷やす。
【3】 鍋に水、薄口しょう油、酒を加えて煮汁を作る。
【4】 魚の切り身、白ネギ、ワカメを鍋に加えて中火で7〜8分煮たら完成。水からサッと煮るのがポイント!

和食のかくし味 その参 『万能だれ 野崎流ポン酢』


≪材料≫
しょう油  酢  オレンジのしぼり汁  ゴマ油

≪作り方≫
【1】 しょう油3、酢2、オレンジのしぼり汁1、ゴマ油0.5の割合で合わせたら完成。
※冷蔵庫で1か月保存できる。

合わせ薬味とポン酢を使った料理 『牛肉の薬味焼き』


≪材料(2人分)≫
牛肉(ステーキ用)…200g  卵白…2個分  塩、コショウ…少々  野崎流合わせ薬味…適量  野崎流ポン酢…適量

≪作り方≫
【1】 牛肉に塩、コショウをふり、フライパンで両面に焦げ目が付く程度焼く。
【2】 卵白をガーゼなどを使って布ごしする。
【3】 野崎流合わせ薬味と卵白を混ぜて牛肉の上にのせる。
【4】 オーブントースターで表面が乾くくらいに焼く。
【5】 野崎流ポン酢をかけたら完成。

先生のプロフィール

野崎洋光 先生

「分とく山」総料理長
野崎洋光 先生

 

 

Copyright(c) Nippon Television Network Corporation.