STORY
第3話「ワンナウツ契約」
東亜との2度目の勝負で“2−0”と追い込まれた児島は、驚くべき行動に出た。運命の3球目にバッティングのタイミングが合わないと判断した児島は、とっさにベースの上に体を傾けたのだ。ボールは、児島の右ひじに当たり、デッドボール。

ビッグママは、ボールがストライクゾーンを通っていたとして、児島が三振したと判定した。だが、児島は、本当の野球なら三振だったと明かしながら、“四角のワクに当たったボールがストライク”という『ワンナウツ』のルールなら、デッドボールは認められる、と主張。東亜があっさりこれを飲んだため、児島の勝ちが決まってしまった。

児島の前に歩み寄り、自分の腕を出してバットで叩き折るよう求める東亜。だが、その腕を握った児島は、プロ野球に入り、リカオンズを優勝させて欲しい、と東亜に求めた。

プロ野球埼京彩珠リカオンズは、さいたま市の大宮スタジアムを本拠地としている球団だった。30年前に1度優勝したものの、それ以降、低迷が続き、ここ3年は連続最下位。観客動員数は、12球団中3位で、それは国民的ヒーローの児島の存在が大きかった。児島が掛け合った結果、オーナーで、ゼネコン・彩珠組社長の彩川は、東亜のテスト入団を承認。東亜は、すぐさま彩川との契約交渉に臨んだ。

カネにシビアと噂される彩川に出した東亜の条件は、奇妙な内容だった。契約金はゼロ。だが、試合で1つアウトを取るごとに、球団側が500万円を支払い、逆に失点した場合は、1点に付き5000万円を東亜が支払う、というもの。ワンナウト単位の出来高払いが球団側にプラスになると考えた彩川は、あっさり東亜と契約を交わした。

そして、初登板したブルーマーズとのオープン戦。3回から登板した東亜は、何と打者21人を全てアウトに仕留め、彩川に1億500万円の請求書を送りつけて―。