ONAIR

2月16日放送

前回大会では日本の指揮官として強豪・南アフリカ相手に勝利を収めた名将エディー・ジョーンズ。そんな彼がプロのコーチとしてキャリアをスタートさせた場所は意外にも日本でした。当時低迷していたチームに対して、負けに慣れた考え方を一掃し、基礎練習を徹底的に行いました。その結果、チームは低迷から抜け出すことができました。この経験が日本代表のヘッドコーチになってからも大いに活かされ、あの「世紀の番狂わせ」が生まれました。

ページの先頭へ