おせんの母。
おせんはもちろん、一升庵のメンバー、町の人々も彼女に頭が上がらないという、元女将。
今は女将業をおせんに譲り、南伊豆で隠居生活を送っている。

閉じる