イントロダクション

東京の下町にある老舗料亭「一升庵」を舞台に、
時間に追われる世の人々が、
忘れかけていた大切なものに気づいていく『食の人情』ドラマ。

物語の主人公は、「一升庵」の女将“おせん”こと半田仙。
若くして店の看板を背負った主人公は、
普段は美味しいものが大好きで、大酒飲みの天然ボケ。
しかし実は生まれ持った才能、
そして「真心」のつまった料理とおもてなしで店を切り盛りしているのです。
そんな店に、若き料理人・江崎ヨシ夫が現れるところから、物語は始まります。
江崎には理解できない「一升庵」のやり方。
一見非効率かもしれない「一升庵」のやり方。
しかし滅び行くものにも、大切なものがある・・・。
主人公・おせんは、心をこめてそのことを示してくれるのです。