ストーリー

第2回(2008年4月29日放送)

 結局一升庵に戻ってきた江崎(内博貴)だったが、板前からは程遠い雑用ばかりを押し付けられ、おせん(蒼井優)にお茶を淹れてほしいと頼まれて淹れてみても「まずい」「おちゃっぱさんがかわいそう」とさんざん。「月給5万でそこまで出来るか!」と不満を爆発させているところに、先代女将の半田千代(由紀さおり)が現れた。
 女将業をおせんに譲り、南伊豆で隠居しているはずの千代の出現に、おせんをはじめ一升庵の面々も大慌て。そう、千代は「千成のゴッドマザー」とも言われ、一升庵の面々はもちろん町の人々も頭が上がらないという存在なのだ。特に「人を見る目」がすごいと言われる千代は、おせんに「なんであんなバカに5万も払ってるんだ」と江崎をけなす。
 千代が今回一升庵にやって来た理由は毎年恒例の味噌作りを次の定休日にやろうということだった。おせんは今年の味噌作りは江崎に頑張ってもらうと宣言。「今年の味噌はヨっちゃんさん印ってことで」と微笑むおせんに江崎は「?」手作り味噌を作る作業が、どれだけ手間のかかることかを江崎は知らなかったのである。

 ある日、江崎は一升庵の客として訪れていた高校の先輩・岡本(岡田義徳)とばったり出会う。給料5万円でこき使われている愚痴をこぼしながら岡本と飲む江崎、手作り味噌の話をすると一日3食おいしい賄いが食べられるんだからいいじゃないかと笑われる。
 そう、岡本は結婚してはいるがお互い仕事が忙しく、家計も家事も五分五分というルールで、妻(佐藤仁美)と一緒に食事を取る習慣もなくなっていたのだ…。毎年祖母から送られてくる手作り味噌も腐らせてしまうばかり…。それは、祖母と祖父が毎年仲良く作る味噌だった…。

 江崎は連日おせんとともに、味噌の材料にする大豆をよりわける作業に徹夜であけくれていた。
 必死でよりわけたつもりだったのに、おせんにやり直しを命じられた江崎は「あんたは食い物には優しいけど、俺には全然思いやりがない!」と言い放ちまたもや一升庵を飛び出してしまう。

 江崎不在のまま迎えた味噌仕込みの当日、一升庵には岡本が「味噌作りを見学させて欲しい」と現れた…。

 江崎は飛び出した手前、陰からそっとみんなの様子を見ている。茹でた大豆をワラジをはいてつぶすのが一升庵流の味噌作り。皆の楽しそうな様子を羨ましそうに見ている江崎の前に千代がやってくる。おせんが厳しく江崎に豆の選別を命じたのは、今年の味噌を「ヨっちゃんさん印」の味噌にしたいというおせんの思いからだったことを教える千代。「履いて飛び込んでいきゃあいい」江崎にワラジを渡し、みんなの輪の中へ飛びこんで行くようにと笑う千代。
 江崎はおせんにもう一度、店に戻りたいと頭を下げる。雑用しかやらせてもらえなくても、美味しい一升庵の賄いが食べられるなら自分は世界一幸せな給料5万です!と…。

 仲の良い一升庵の皆を見ていた岡本に、千代は、皆で苦労して作った味噌を皆で食べて仲が悪くなるなんて理屈はないと語る。その言葉を聞いた岡本はおせんに味噌汁の作り方を教えてくれと頼む。おせんは、手作り味噌だからこそおいしい「鍋焼き味噌汁」を教え、岡本は妻のためにその味噌汁を拵えるのだった。
 そして妻に一緒に買い物をして、料理して、一緒に食べよう。失敗しても、一緒に失敗しよう。それが本当の五分五分。分ける事ではなく分かち合う事が二人には必要だったのだと語り、二人は冷めた関係を改める…。

 味噌作りを終えた千代を見送るおせんに、千代は江崎を雇ったことも「いいんじゃないか。あんたはあんたのやり方で…」と言い残し笑顔で去っていく。