ストーリー

第4回(2008年5月13日放送)

 営業終了後の一升庵メンバーたち。町内会の集まりに出かけたおせん(蒼井優)と、清二(杉本哲太)以外のみんなですき焼きを食べに行くことになった。江崎(内博貴)が、なんで一升庵には献立に鍋がないんだ?と疑問に思っているところに珍品堂さん(渡辺いっけい)が台場建二(大泉洋)という男を連れてやってきた。
 台場は「すき焼きは不細工な料理」と言い切り、肉を食べるならステーキが一番、などとなごんでいた場を荒らし去っていく。

 その台場が林(宅間孝行)とともに一升庵にやってきた。台場は実はビル開発プランナーで、一升庵の2号店を出さないかと提案する。
 「2号店ができればオレも包丁くらい握れるようになるかも…!」淡い夢を抱く江崎だったが、おせんとともに話を聞いた清二は「店の味は、料理人の腕だけとは限りませんので…」と言い置き、ピシャリとその話を断る。
 林は江崎に「本物へのこだわりもいいが、時代に乗っていかないと2号店どころじゃない。この店もなくなっちまうかもしれないぞ」と言い残し一升庵をあとにする。

 珍しく熱を出し床に伏したおせんは、2号店を出すべきかどうかひそかに悩んでいた。そして一升庵の将来の行く末を…。

 あきらめきれない台場は「それでは客として」と一升庵に上がりこむ。清二の料理を食べ満足する台場だったが、清二に「今夜の料理は本当の一升庵の料理ではない」と再びナゾの言葉を投げかけられる。

 一方江崎は、自分なりに一升庵が時代に乗り遅れてなくなるようなことがあっては困ると考え、おせんを台場と林がプロデュースした商業施設を見せに行こうと誘い出すが、留吉に見つかり失敗。
 「このままってわけには行きませんから」と、おせんは江崎に台場たちを一升庵に招待するよう命じる。

 おせんが台場たちをもてなすために用意したのは「すき焼き」。
 台場は「肉はやっぱりすき焼きではなくステーキ」と言い切っていた男。一升庵の品書きにもなく、誰もおせんの作ったすき焼きを食べたことがないというが…。
 おせんは、牛のモモ肉のかたまりを土鍋でふっくらと焼き上げた「特製すき焼き鍋ならぬ土鍋焼き」を台場の目の前で披露する。驚愕する台場と林。続けざまにあざやかな手つきですき焼きを食べさせてくれるおせんを見て、台場はやっと清二の言葉の意味を理解するのだった。
 このすき焼きは、おせんがつきっきりでないと完成しない。ほかの料理でも同じこと。2号店を出すなら、おせんがもう一人いないと成立しないのだ…。
 全てを合点して、一升庵の2号店出店をあきらめる台場。

 しかし、台場はおせんを呼び出し、自分のプロデュースした商業施設を見せながら語る。
 「この時代に一升庵のような店が今のままのやり方で残っていくのは大変だと思いますよ。あなたにも、それはわかってるんじゃないですか?」

 その夜、ほろ酔い加減のおせんに江崎は無邪気に言う。
 「一升庵に2号店なんか必要ない。おせんさんがいなきゃ一升庵は成立しない。オレはおせんさんにどこまでもついていきます!」と。
 おせんは微笑み、月を見上げる…。