ストーリー

第5回(2008年5月20日放送)

 一升庵にすっかりなじみ、俄然はりきる江崎(内博貴)。はりきり過ぎて、おせん(蒼井優)が大事にしている皿を割ってしまった。しかし、そこに大きな地震がおき、地震のせいで割れたということになってしまう。
 自分が割ったと言い出せない江崎が悩む中、女大工の丁子(もたいまさこ)が一升庵の屋根などを点検しに来てくれていた。丁子のひいじいさんは、名工と謳われた大工。彼女はその跡を継ぎ、ひいじいさんの建てた家を仕立て直しすることが目標と江崎に語る。

 そこに木下校長(松方弘樹)がおせんを訪ねてくる。木下の娘・カンナ(佐田真由美)一家が東京に転勤になり一緒に暮らすことになったのだが、丁子のひいじいさんが建てた木下の家を壊し、新築の2世帯に立て直すと娘が主張しているというのだ。古い家を守りたいと思う木下だったが、娘のいうことにはかなわないから、おせんから説得してもらえないかという。
 しかしカンナは、丁子のところよりも安くて早くキレイな家ができる住宅メーカーがいいに決まっていると考えを変えない。その住宅メーカーは、きれいなパンフレットや巧みな営業で仕事をとるが、見積もりはあくまで見積もり。オプションで値段を上乗せしていき、手抜きも当たり前というやり方の会社だった。

 家を壊して新築すると聞いた丁子は、木下ともケンカをし「悪徳業者にひいじいさんの家を壊されてたまるか」と住宅メーカー・帝都ホームズに直談判に出向くが営業マンの郷田(升毅)と翼山(岡本光太郎)に「時代遅れの大工は、時代遅れの家とともにぶち壊される運命なんだよ!」と一蹴される。
 「あたしみたいな人間は、もう世の中にはいらないのかもしれないね…」
 ショックを受ける丁子を見て、おせんは立ち上がる…!
 「わっちの柄にもないことでやんすが、いちかばちかやらせてください」
 一升庵メンバーが驚くおせんの作戦とは…。

 木下とカンナ、帝都ホームズの郷田・翼山が新築工事の契約を交わすため、一升庵にやってきた。
 常連の木下でさえ見たことがないというきれいなお品書き。そこに書かれた献立にははっきりとした安い値段。運ばれる品々は、すばらしい名陶に盛られ運ばれてくる。お造りを頼んだ郷田は、醤油がないことに気付き「醤油をいただけますか?」と頼むが、木下はいつもと違う一升庵を感じはじめていた…。

 帝都ホームズの2人は、さすが一升庵!さすが一流!と喜んで食事を終え契約を運ぼうとするが、おせんは割って入り、勘定書を差し出す。そこには15万円の請求が…!
 品書きと余りにも違う高値に驚く2人におせんは、隣の間のふすまを開ける。そこには、スーパーで買ってきたお惣菜やデザートを盛り付けている板前たちがいた。それを見て、惣菜や刺身に金が払えるか!と激怒する帝都ホームズの2人。
 おせんは「スーパーで売っている金額に、商店街までの足代、板前たちの盛り付け代、器は初代伊万里青磁をはじめ、名陶ばかり。その使用料、仲居の人件費をを含めるとこの値段。」さらに二人を見据えて「きれいなお品書きで客の目を欺き、その気にさせ、いろいろ付けて何倍もの請求を出す。そのまんまあなた方の商売でしょう!」と一喝!ひるむ2人をよそに、おせんはカンナに向き直ると改めて、新築をもう一度考え直してほしいと頼む。カンナは、そんなおせんに感じ入り「わかったわ」と返事をするのだった。

 一件落着となったところで、江崎はみんなに皿を割ったのは自分だと正直に話し、割れた皿のかけらを差し出す。おせんは割れたお皿のカケラを「探してたんです」と笑って受け取り、「金継ぎ」という技法で割れた皿を修復する。一度割れたものを金継ぎで修復することは、陶器の格をあげることでもあるのだ。
 一升庵に木下と丁子を招待し仲直りさせると、金継ぎしたお皿で料理を出すおせん。「割れて、くっついて、新しい器に生まれ変わったでやんす。」
 木下と丁子の仲もしかり…。満足そうに料理を見つめる江崎。
 木下と丁子の笑顔。そして、一升庵のみんなの笑顔。
 時代を継いで、大切にされているものたちに囲まれて…。