#112 長さが違う?!コンセントの穴 (2013/7/7)

鏡台の横の縁に顔をつけて、左右対称の変な顔を作るのに夢中になっている建造

すみか「お祖父ちゃん、何してるの?」
建造 「何だ~い?」
すみか「うわっ!」
建造 「ビックリしたろ?こうすると左右同じで変な顔になるんだぞ。面白いだろ?」
すみか「(ため息をついて)お祖父ちゃん、いくつよ……」
建造 「いやあ、ついつい夢中になってしまって暑くなってしまったな。
    すみか、扇風機付けてくれないか?」
すみか「もう、仕方ないなあ。あれ?コンセントの穴って右と左で大きさ違うんだね。
    何でだろ?」
建造 「気になっちゃったかい?すみか!お祖父ちゃんが教えてあげようっ」

【コンセントの穴の大きさが違う理由】

実はコンセントは、2つの穴の大きさが、右左で違う。右の小さい方は、電気が通ってくる穴。左の大きい方の穴は「アース」と言い、電線を通して地面につながっている。その理由は、万一コンセントにいつもより高圧の電気が流れてきたとき、電気を地面に逃がすため。ちなみに、穴の大きさは左右でちがうが、電気製品のプラグはどの向きに差し込んでも使える。