#115 軒と庇は違う?! (2013/7/28)

大量のワインを並べて、きき酒をしている建造

建造 「ん~……これはブルゴーニュ、いやボルドーかな……」
すみか「お祖父ちゃん、何してるの?」
建造 「ボンジョルノ~すみか。いやね、違いの分かる男を目指して
    ソムリエの資格を取ろうと思ってね、猛勉強中なんだよ」
すみか「ふーん…… 」
建造 「んー……駄目だ、分からない。すみか、このワイン、どれだと思う?」
すみか「知らないよ!」
建造 「あ、そうだ、すみか。掃除中なら、軒下も掃除しといてくれないか?
    ちょっと汚れてたんだ」
すみか「はーい、分かった。そういえば、軒下ってよく言うけど、
    庇って言うのもあるよね……何が違うんだろう?」
建造 「気になっちゃったか?よーし、違いの分かる男、
    お祖父ちゃんがその違いを教えてあげよう!」

【軒と庇の違い】

軒とは、建物の屋根が外壁より突き出している部分のことをいい、庇は外壁に取りつけた小型の屋根のことをいう。
夏は日差しが強く、太陽が高い位置にあるので、軒や庇が日よけの役割をしてくれる。
それに、外壁に軒や庇の影が落ちるので、直射日光による劣化予防にもなる。