#118 ブロック塀の穴は重要?! (2013/8/18)

アメフト選手の格好での練習をしている建造

建造 「いやあああっ!」
すみか「お祖父ちゃん、今度は何を始めたの?」
建造 「見ての通り、アメリカンフットボールさ、町内会のメンバーで始めたんだよ。
    目指すはスーパーボウル!イエーイッ!」
すみか「アメリカンフットボールだからって、なにもアメリカ人になりきらなくても・・・」
建造 「ブロック!ブローック!」
すみか「はーあ。洗濯物干そうっと…
    そういえば、何でブロック塀って穴が開いてるんだろう…」
建造 「気になっちゃった?よーし、グランドファーザーが教えてあげよう!」

【ブロック塀に穴が開いている理由】

多くのブロック塀に穴があいているのは、ちゃんとワケがあるんだ。ひとつは勿論キレイに見せるための装飾として。そしてもうひとつは、風通しを良くするため。
ブロック塀の穴は、【風抜き穴】とも呼ばれ、外と敷地内の空気を循環する大切な役割がある。もし穴があいていないと、雨が降ったときに庭の乾きが悪くなるし、暑いときは熱気がこもりやすくなってしまう。