#136 トイレのフタが椅子?! (2013/12/29)

大掃除をしているすみか。

すみか「ふうー、大掃除って大変だよね~…って、お祖父ちゃん何やってんの!」

見ると、建造が掃除そっちのけで酒を飲んでいる。

建造 「あ、バレたか!」
すみか「バレるに決まってるでしょ!そんなところでサボッてたら。
    お祖父ちゃん、ちゃんと掃除してよ!」
建造 「いや、年末くらいゆっくりさせてよ~」
すみか「いいからホラ、手伝いなさーい!」
建造 「ああ~っ!」
すみか「罰としてお祖父ちゃん、トイレ掃除やって」
建造 「分かったよ、すみか…」
すみか「そういえば、トイレの蓋って何の為にあるんだろう…」
建造 「気になっちゃったかい?お祖父ちゃんが教えてあげよう!」

【トイレのフタはなぜ必要か?】

洋式トイレの蓋は、西洋では椅子の役割がある。西洋の人達は部屋の中でも靴を履いて暮らしているので、お風呂に入るときに、靴を脱ぐ必要がある。そこで、トイレに座って靴紐をといたりするんだぞ。しかし日本の場合は、そういった習慣がないため、蓋は座れるようには出来ていない。臭いを塞いだり、体裁をよくしたりするために付けられているんだそうだ。