#157 玄関でコミュニケーション?! (2014/5/25)

クラブDJとしてアゲアゲの建造。

建造 「イエーイ!カモンッ、チェキラッ、
    ノッてるかい!フォオオオー!!」
すみか「うるさーーーい!近所迷惑でしょ!何やってんの、もう!」
建造 「……すいません。今度、町内会の皆でクラブに行ってみよう
    ってことになって。せっかくだからお祖父ちゃんも、皿? 
    回したいからさ。練習してたんだ」
すみか「いくら何でもアクティブすぎるから!うちの町内会!」

ピンポーンと音がして。

すみか「はーい!」

玄関で、隣人に謝る2人

すみか「もう。怒られたじゃん!」
建造 「すいません…。」
すみか「そういえば、玄関ってこういうのよくあるけど、これって何なんだろ」
建造 「気になっちゃったかい?すみか。

【上り框とは?】

玄関や勝手口などの上がり口に取り付けた横木、あるいは化粧材のことを、上がり框(かまち)と言う。上がり框は、床材の端のささくれを隠すために取り付けられている。また、昔はこの上がり框がコミュニケーションの場でもあった。わざわざ家に上がってもらうほどでもない時、上がり框に座ってもらえば、お互い同じ視線の高さになり、対等に、気軽に、話せる場所だったんだそうだ。