#172 目的が違う?! (2014/9/14)

漫才の練習をしている建造とすみか。

建造 「はい、どうも建造です」
すみか「すみかです」
建造 「二人合わせて~」
建造・すみか「『孫&お祖父ちゃん』です!」
建造 「いやいやいや、すみかちゃーん」
すみか「ナニナニ、どうしたの、お祖父ちゃん」
建造 「こないだ面白いことがあってさー。聞いてくれる?」
すみか「教えて教えて」
建造 「隣の家に囲いが出来たんだよ。それがもうすごいカッコイイわけ!
    …ね、分かる?囲いがカッコイイ……。ね、面白いでしょ、ねえ。これ」
すみか「もうやめよう、お祖父ちゃん」
建造 「…すみか」
すみか「やっぱり無理だったんだよ。私達で漫才コンビなんて。
    お祖父ちゃんが面白いと思うポイントが全然分からないもん」
建造 「何で分からないんだ、すみか。囲いってあれだぞ、塀のこと
    だぞ。もしくは、垣根だよ・・・。」
すみか「そう言えば、塀と垣根って何が違うんだろ」
建造 「気になっちゃったかい?お祖父ちゃんが教えてあげよう!」

【塀と垣根の違い】

家の周囲を囲う、塀や垣根。似ているようで違う。まず塀とは、侵入防止や目隠し等の目的で、家の境界線に設ける囲いのこと。 そして垣根とは、庭や建物を区切る仕切りのことで、生垣や竹垣など自然の素材が使われ、すき間の多い、遮断性が低いもののことを言う。