動物保護施設『ペットの里』

世界最大級のペット施設誕生!殺処分ゼロを目指す“動物保護の聖地”

今や、「ペットの数が子供の数を超えた」といわれている"ペット大国・日本"。
ペットたちは家族の一員として惜しみない愛情を受け、癒やし癒されながら大切に育てられています。

ですが、その一方で"年間約16万頭もの犬や猫が殺処分されている"という現状をご存知でしょうか?(2012年/環境省調べ)

飼い主の身勝手な理由で捨てられ、処分されてしまう不幸なペットたち......。

そんな悲しい状況を少しでも改善すべく、"殺処分ゼロ"を目指して開設されたのが動物保護施設『ペットの里』です。

岩手県滝沢市の豊かな自然の中、約12万坪(≒東京ドーム10個分)の広大な敷地を擁するこの施設には、日本最大級のドッグラン(約5,000坪)や動物たちの保護設備が備わっています。

今後、殺処分を待つ動物たちの保護を進めながら"ペット霊園"や"ペットと宿泊できる施設"などを整備し、里親探しのための譲渡会の開催、高齢者や子供たちが気軽に動物と触れ合える場の提供、社会的弱者の雇用などを積極的に行なっていく予定だそうです。

「人とペットの共生のあり方・命の尊さを提唱していくこと、お互いの幸せをもたらす社会作りを実現していく」という理念を掲げる『ペットの里』。

動物、人、そして社会のすべてが幸せになるための彼らの挑戦を、ぜひ応援しましょう!

写真1 写真2 写真3

動物保護施設『ペットの里』を Facebookにシェア
 

▲PAGE TOP

Facebook
Twitter