1 WEEK SALAD

ドリンク用の容器に入った、1週間冷蔵できる無農薬サラダ

コンビニなどでご飯を買う時に、「健康のために」「栄養バランスを考えて」といった理由で、
サラダも一緒に買うことがありますよね。

透明でシンプルなパッケージで販売されていることが多いサラダ。
生鮮食品なので、消費期限もあまり長くありません。

そんな常識を覆すサラダ『1 WEEK SALAD』が、昨年の「CEATEC JAPAN 2014@幕張メッセ」で発表され、話題になりました。
デザインオフィス「nendo」と「東芝」がコラボレーションした、その名の通り"1週間保存できるサラダ"

東芝の半導体工場を植物工場に転用する「クリーンルーム・ファーム」計画の第1弾として、虫や雑菌の侵入を制限した閉鎖型クリーンルームを使い、野菜を無農薬で栽培し、カット。
nendoがデザインしたパッケージの中に密閉包装して、グリーンサラダを製造するプロジェクトです。

育成に最適な波長の蛍光灯、均一な温度と湿度管理ができる空調システム、栽培状況を知るための遠隔監視システム、梱包材を消毒する除菌システムなどの技術で、一年中安定した美味しさを提供でき、虫や雑菌の影響を受けないため冷蔵状態で1週間近くもの保存が可能

また、nendoが考案したパッケージは、スムージーなどに使われるドリンク用の容器を使い、「賞味期限の日付」の形に切り抜かれたカードが中に入っているという、デザイン性の高いもの。
1日ごとにフレーバーが異なるほか、31日分、色と数字のフォントも違い、さらにカードの内側には、プロジェクトの紹介文と「今日の一言」まで。消費者を楽しませる工夫も満載です。

遊び心のある可愛くてオシャレなデザインと、東芝の最先端技術・ノウハウの素敵なコラボレーション。
商品化についての詳細は、まだ明かされていません。
もし発売されたら、便利なのはもちろん、サラダを買うこと自体が楽しくなりそうですね。

写真1 写真2

1 WEEK SALADを Facebookにシェア
 

▲PAGE TOP

Facebook
Twitter