Superformula

ガン治療中の子どもに与える“アメコミヒーローが処方した薬”

がんの主な治療法の一つ、抗がん剤による化学療法。
化学療法には副作用がつきもので、肉体的・精神的にも苦しいため、特に子どもたちは「本当に快復するのだろうか」と不安になりがち。病気と闘う精神力を保ち続けることは非常に困難です。

ブラジルのがん治療センター「Hospital A.C.Camargo」は、子どもたちが持つ化学療法のネガティブなイメージを払しょくするため、とあるアイデアを考案しました。
それは、「化学療法用の点滴バッグ」を覆うパッケージを、大人気のアメコミヒーロー(バットマンやスーパーマン、ワンダーウーマンなど)のロゴをあしらえたデザインにするというもの。
この治療が、がんに勝つための"Superformula(スーパーヒーローによる処方)"だと、子どもたちに直感してもらうことが狙いです。

映画配給会社のワーナー・ブラザーズの協力のもと、バットマンやスーパーマンのTVアニメと漫画で特別シリーズも制作。
ヒーローたちが病院で治療を受けるシーンがあり、子どもたちと同じロゴ入りのパッケージで投薬を受けて元気を取り戻し、敵に打ち勝ちます。

きっと、ヒーローの姿を自分に重ねて、治療の必要性を実感し、病気に立ち向かう勇気を取り戻すことができる子どもたちが増えるはず
アニメ大国の日本でも、ぜひ試して欲しいアイデアですね。

写真1 写真2

Superformulaを Facebookにシェア
 

▲PAGE TOP

Facebook
Twitter