革細工職人 K&K BROTHERS

小学校を卒業してからも“ランドセル”を使うことができる!?

もう使うことはないけれど、思い出が沢山詰まったランドセルを捨てるのは気が引ける......。
そうは言っても、保管場所にも困ってしまいますよね。

そんな、6年間の役目は終えたけれど捨てがたいランドセルをリメイクしてくれるのが、『K&K BROTHERS』。
思い出の"質感"はそのままに、革細工職人が、キーケース、長財布、小銭入れなどの革小物に変身させてくれます

できるかぎりランドセルのデザインを生かした革小物にすることも、機能性を重視した革小物にすることも可能。
ランドセルにひび割れがあっても、様々な部分を活用します。
たとえば、背負う紐の部分のバックルを再利用し、新しいベルトやレザーブレスレットを作ることもできます。

ランドセルにまつわる思い出は残したまま、新しい形で生活に役立つものに生まれ変わった革小物。
革の製品は、使えば使うほど味が出てくるものです。
そこから、新たな思い出をさらに積み重ねていくのもいいですね。

写真1 写真2

革細工職人 K&K BROTHERSを Facebookにシェア
 

▲PAGE TOP

Facebook
Twitter