水問題啓発コースター

“コップの水滴”でコースターを濡らすと、隠されたメッセージが…

中国、内陸部の乾燥地帯では、深刻な水不足と水質汚染が問題になっています。
現在も砂漠化が進行しているため、このままではこの地域に住んでいる人々の暮らしが脅かされてしまう......。

そこで、水不足の問題に取り組むNPO団体「A Drop Of Life」が、雨水貯蓄タンク設置のために立ち上がりました。

乾燥地帯で苦しむ人々への寄付を促すため、同団体は、新しい印刷技術を用いて特殊なコースターを制作。
このコースターは、コップの水滴で濡れると、以下のようなメッセージが浮かび上がる仕組みになっています。
「この水滴は、乾燥地帯の人々が飲んでいる水よりもきれいです」

他にも、この問題について啓発する様々なメッセージが出現するこのコースター3万枚が香港のレストランに配布され、約2千万香港ドル(約2億5千万円)の寄付を集めることに成功したそうです。

雨水貯蓄タンクを設置すると、泥水のような汚い水を汲みに遠くまで歩く必要がなくなるほか、感染症や地域の病気拡大の危険性を下げることができるなど、様々な利点があります。
その結果、子どもなら勉強、大人なら畑仕事などに集中することができるため、生産性が高まり、彼らの生活向上に直結するのです。

集まった寄付金で3800の貯水タンクが中国北東部の乾燥地帯に設置され、恩恵を得た人は15万3000人以上にもなるとのこと。
キレイな水をいつでも飲める人にとっては些細な出来事"コップの水滴がコースターを濡らす"瞬間を狙い、"今も衛生的な水が足りずに苦しんでいる人がいる"ということを、さり気なく、しかし小さな驚きと共に知らしめることで、より大きな効果を生んだのではないでしょうか。

写真1 写真2

水問題啓発コースターを Facebookにシェア
 

▲PAGE TOP

Facebook
Twitter