古傘バッグ

傘をリサイクルして誕生した、雨に強い手作りバッグ

あなたの家にも古くなったり、破れてしまった傘が眠っていませんか?
そんな古くなった傘の生地を使ったバッグを作る名人が大阪府堺市にいます。
「発明おばさん」としてエコ商品開発と環境カウンセラーの活動にも取り組んでいる薬師寺秀子さんです。

2006年から古傘をリサイクルしたグッズ製作をスタートさせた薬師寺さん。
もともと洋裁業を営んでいたプロとしての腕を生かし、古傘を、エコバッグ、ショルダーバッグ、さらにはキャリーバッグにまで変身させます。

傘の生地は軽くて丈夫、なおかつ防水機能にも優れているので、雨の日にも大活躍
薬師寺さんは、年に一回地元で講座を開き、作り方を教えているそうです。

壊れてしまえばほとんど使い道がない傘のリサイクルになるというだけではなく、エコバッグとして使えば、レジ袋を使わないで済みます。
「もったいない」の精神から生まれたアイデアと言えるかもしれませんね。

写真1 写真2

古傘バッグを Facebookにシェア
 

▲PAGE TOP

Facebook
Twitter