ホームレス体験『Faktum hotel』

スウェーデンの格安ホテルは“路上”や“公園のベンチ”が寝床!?

北欧の国スウェーデンの港町、ヨーテボリには約3400人のホームレスの方々がいるとされ、冬でも凍えるような寒さの中で路上生活を送っています。
そのような状況を解決させるための、ホームレス救済プログラムや避難所もあるそうですが、問題解決には程遠い状況です。

そんな中、ホームレス支援を行いフリーペーパーを配布している雑誌会社「Faktum」と広告代理店が協力して始めた『Faktum hotel(ファクトゥム・ホテル)』

貧困問題への関心を集めるため、一般の人にホームレス体験をしてもらうというものです。
"ホテル"と名付けられてはいますが、部屋は公園のベンチや閉鎖された工場、森の中、橋の下などから選ぶようになっており、一晩100スウェーデンクローナ(※約1000~1500円)で実際に泊まることができます

宿泊者が自分で予約をすることはもちろん、フェイスブックなどを使って友人にギフトとして贈ることも可能。
ホテルの全利益は、フリーペーパー「Faktum」の運営費用に充てられ、ホームレスの問題に感心を持ってもらうための活動に役立てているとのこと。

ほとんどの人は予約をするだけで実際に宿泊はしないそうですが、そのインパクトの強さから、多くの人の関心を集めることに成功しているアイデアと言えるのではないでしょうか。

写真1 写真2

ホームレス体験『Faktum hotel』を Facebookにシェア
 

▲PAGE TOP

Facebook
Twitter