ソフトコンタクト着脱器具『meruru』

ソフトコンタクトレンズユーザー必見!世界初の“つけはずし”グッズ誕生

災害によって強いられる"避難所生活"では、日頃当たり前に行なっていたことができなくなります。
2011年の東日本大震災の際、ある避難所では充分に手を洗うことができなかったため、コンタクトレンズの着脱に苦労した人がいたそうです。

そんな話を伝え聞いたコンタクトレンズ関連器具メーカー「メディトレック」は、およそ3年の歳月をかけ、手を洗えないような非常時でもソフトコンタクトレンズを"つけはずし"できる画期的な器具『meruru(メルル)』を開発しました。

眼科医の協力を得て開発したというこの商品は、ピンセットとスティックが1セット。
装着時は、小さなスコップ型のスティックでレンズを吸い付かせて容器からすくい取り、ピンセットの先のラッパ状になっている部分に乗せてコンタクトをはめます。
逆に外す時は、ピンセットのみを使ってレンズをつまみ、目から離します。

スティックやピンセットのレンズが接触する部分は、ソフトコンタクトの原料と同じシリコンを採用しているため、レンズを傷つけにくくなっているそうです。

ソフトコンタクトの"つけはずし"ができる世界初の商品『meruru』。
"やさしいつけはずし"に徹底的にこだわって作られており、ネイルアートやつけ爪をしている人、初めてコンタクトを装着する人などの利用も想定。
非常時以外の場面でも、多くのコンタクトレンズユーザーを助けてくれそうですね。

写真1 写真2

ソフトコンタクト着脱器具『meruru』を Facebookにシェア
 

▲PAGE TOP

Facebook
Twitter