4月15日(水)スタート
毎週水曜日
午後10時〜10時54分 放送

▼出演者

稲森いずみ
板谷由夏
山本太郎
川島海荷
嘉数一星(子役)
佐藤詩音(子役)

田畑智子
佐野史郎
田中美佐子
       ほか

▼スタッフ

【プロデューサー】
次屋 尚
千葉行利(ケイファクトリー)

【演出】
吉野 洋
国本雅広(ケイファクトリー)
            ほか

▼番組携帯サイト

予告動画

予告動画

主題歌

『アイシテル』 MONKEY MAJIK (binyl records)

挿入歌

『うつし絵』 新垣結衣 (ワーナーミュージックジャパン)

原作

アイシテル 原作

伊藤 実 『アイシテル〜海容〜』講談社KCDX刊
(『BE・LOVE』2006年19号から2007年4号連載)

稲森さんコメント

稲森さん

 今回このお話をいただいて、原作を読みましたが、涙が止まりませんでした。
一見暗くて重いテーマではありますが、あくまでも幸せな家庭に起こった一事件に向き合っていく、主婦の目線で体感しながら撮影に臨みたいと思います。
 子供とのコミュニケーションというものは、家庭を築き上げていく上で重要な課題の一つです。
このドラマが母として、父として家族・子供のことを真剣に考えてもらえるきっかけになればと思います。
 また、誰もが興味を持つ家族というものがテーマになっているので、安心して暖かい気持ちで見ていただき、私自身もこのドラマで主人公と一緒に成長していければと思っています。

プロデューサーより

あなたは子育てに自信がありますか?
子育て支援センターの調査によると実に7割近くの人々が何かしらの形で子育てに不安をおぼえています。
家族として我が子を愛し、良き母親・父親として子供に向き合っているつもりでいても、
ほんとうに子供のことを理解し、守っているかと問われると、誰しも不安を抱くものです。

4月期から始まる新水曜ドラマは、少年が少年の命を殺めてしまうという悲しい事件を通し、被害者と加害者、
それぞれの家族の物語を真っ向から描いていきます。両家族は対照的ではあれ、どこにでもあるごく普通の家庭です。
そしてその母親たちは自信はなくとも、それなり一生懸命愛情もって子育てしている普通の母親です。

現実の世界でこれと類似した残忍な事件が多々起こっている昨今。
このドラマはそれをモチーフにさえすれ、無意義に感情を煽るサスペンスドラマではありません。
登場人物に起こるエピソードと心理描写を丁寧に、そして真摯に綴っていくヒューマンドラマです。
一度は生きる希望さえなくしてしまう家族が、もう一度『家族の再生』を目指し、前向きに生きていこうとする…。
そんな姿を描く家族の愛の物語です。

観ていただいた方々にも、家族のあり方や子供との向き合い方を少しでも考えてもらえたら…、
そんなドラマを作っていこうと思います。

プロデューサー 次屋 尚 
(c) Nippon Television Network Corporation