Q大群シリーズ第3弾 マンタの大群を激写せよ!


魚類の中でも最大級の大きさを誇る、マンタ!
海の帝王とも呼ばれる、美しく雄大なこの魚の大群を激写する事はできるのか?
このミッションに挑戦するイッテQキッズは、大群シリーズ第2弾でフラミンゴの大群の激写に成功した室伏そら君・かなたちゃん兄妹!イッテQキッズのサポートは相田翔子!

今回向かった先はマンタの観察ポイントとして有名なハワイのマウイ島。
当番組のご意見番でダイビング歴13年のベテランダイバー、アルピニストの野口健が3人をバックアップする!

まず向かった先はマウイ島北西部のダイビングポイント。すると、いきなりカメラが貴重な映像を捉えた。
なかなか遭遇する事ができない、ザトウクジラのジャンプだ!
テンションが上がる一行!もちろんクジラの激写にも成功!!

マンタの大群を求め、いよいよ海の中へ!
今回、海に潜ってもらう野口には船上からの指示が届くよう、特殊なダイビング機材を装着してもらう。
野口が最初に潜ったポイントは水深8m。
崩れた桟橋によって作られた魚礁を見つけ、その周囲をくまなく探索する。
船上の3人もマンタを探すために海の中に飛び込む!
目の前を泳ぐウミガメを発見するが、結局このポイントでマンタと出会うことはできなかった。

次のポイント、マウイ島西部に到着。最初のポイントに比べて、水深は20mとかなり深い。
そこでほの暗い海の底で静かに佇む沈没船を発見!色とりどりの熱帯魚が沈没船の周りを泳ぐ!

更にポイントを変えて探索を継続。その時!
ついに今回のターゲット、マンタを発見!!
海中を優雅に、飛ぶように泳ぐその姿はまさに海の帝王!
しかし、今回の目的はあくまでもマンタの大群。
結局、ここでは3匹のマンタしか写真に収める事はできなかった・・・
明日のチャレンジに望みをつなぐことにした一行。

撮影最終日・・・もう失敗はゆるされない!
この日のポイントは現地ダイバー曰く、過去にテレビカメラがほとんど入った事がない場所らしい!
期待の高まる中、いよいよ神秘の海底へ野口が潜水開始!!
しかし!…単独のマンタすら見つける事ができない。
捜索開始からすでに30分経過。そのとき魚群探知機に強烈な反応が!
ついにマンタの大群発見!!その数なんと10匹以上!
たまらず、3人も海へ飛び込み、マンタの姿を一目見ようと沖へ泳いで行く!
そら君も自分のカメラで、上からのマンタ撮影にチャレンジ!
早速港へ戻り、撮った写真を確認!
なんと野口の撮った写真には見事に7匹のマンタが写っていた!!
そら君とかなたちゃんの動物図鑑の1ページを、美しい「マンタの大群」写真が飾った!