QイッテQキッズ・対決シリーズ第4弾 日本のレスリングとロシアのレスリング、 どっちが強い?

A日本が強い!


「相撲」「書道」「武道」と、これまで世界の子供たちに挑み、
大接戦を繰り広げてきたイッテQキッズの対決シリーズ!
第4弾の今回、挑むのは「レスリング」!

戦いに挑むイッテQキッズは、武田光司くん 11歳。
小学1年生でレスリングを始めた光司君は
昨年、5年生にして全国少年少女レスリング選手権最重量クラスで見事優勝!
レスリング日本一に輝いた最強の小学生!

そんな光司君が対戦する国は「ロシア」!
ロシアのレスリング人口は100万人を超える。
それに比べ日本のレスリング人口は約2万人・・・実に50倍という層の厚さ。
ロシアは、ソ連時代から合わせると、国際大会通算300個以上の金メダルを獲得!
まさに、世界の頂点に君臨するレスリング王国である!

闘いの舞台はロシアで3番目に大きな街「ノボシビルスク」
シベリア地区の中央に位置するこの街は、
ロシアの中でも特にレスリングが盛んで、
10数箇所の道場があるのだ。

ロシアに1人乗り込んだ光司くんをサポートするのは、ぴちぴちレスリングの服を着込み
気合十分のインパルス・堤下敦!
しかし、堤下はレスリングについてまったく知らない・・・。
そこで強力助っ人「格闘家・須藤元気」登場!
大学時代には全日本ジュニアオリンピックの優勝経験を持つ、レスリング経験者!
これは心強い!

早速3人は“ロシア一”と言われるクズネツォフ道場へ。
道場で出会ったのは、なんとロシア・レスリング界の英雄“アレキサンダー・カレリン”!

アレキサンダー・カレリン・・・
1987年から国際大会13年間無敗、連勝記録300以上。
世界選手権9連覇やヨーロッパ選手権10連覇を成し遂げ、オリンピック3大会連続金メダルを獲得した人類最強の男!

ここはカレリン自らが開いている道場で、通称・カレリン道場。
ロシア全土から選ばれた5歳から16歳までのエリート達、総勢50名が日々練習に励んでいる。
そこでコーチから、光司君と戦うのに相応しいとびっきりの対戦相手を紹介された。
スラーブ・サヴェンコフ君、12歳!
日本最強VSロシア最強!対決は翌日に決定!
明日、どんな戦いを見せるのか?

遂に迎えた決戦の日!
いよいよ試合開始!!

第1ピリオドは、試合開始直後から光司くんが積極的に技を仕掛けていきポイントを稼ぐが、
絶妙のタイミングでサヴェンコフくんの首投げが炸裂。
ポイント3対4で、ロシア・サヴェンコフくんがリードしたまま終了。

第2ピリオドは、両者にらみあいから始まり、
サヴェンコフくんが強引に投げに入ったところを光司くんが押しつぶした。
そのまま押さえ込みフォールの体勢・・・フォールが決まった!!

日本代表、光司くんの勝利!

「イッテQ!対決シリーズ」で初めてイッテQキッズに軍配が上がった!!
この旅で、よりたくましくなった光司君。しかし、目指すは世界最強の男。
修行はまだまだ続く!