Q.イモトワールドツアーアルゼンチン


ワールドツアー29か国目は
日本の真裏「アルゼンチン共和国」
アルゼンチンは、人口4000万人と日本の三分の一ほど。
対して国土は日本の7倍と自然豊かな国。
今回は、アルゼンチンの大自然を巡る旅。


まず向かったのは、ブラジルとの国境近くにあるイグアス国立公園。
ここにはアフリカのビクトリアフォールズ、
アメリカのナイアガラの滝とならぶ世界三大瀑布の一つがある。
7か月前イモトはアフリカのビクトリアフォールズを訪れ、
たっぷりのマイナスイオンを浴びた。


これから姿を見せるイグアスの滝は、
なんとビクトリアフォールズの8倍もの
水量を持つ。
イモト「出たーーーー!!!」
ジャングルを流れる大河を切り裂く。
世界三大瀑布の一つイグアスの滝。


向かって左側はブラジル、右はアルゼンチンと南米の大国を分断する巨大な水煙。
そして圧巻はその水量。
1秒間に6万5000リットルの水が流れるという。


この展望台は信じられないほど滝に近づける!
流れ落ちる水が突風を巻き起こし、まるで台風。
そしてボートに乗りイグアスの滝で一番水量の多い悪魔の喉元へ。
イモト「悪魔すげーーー!」


続いて、とある動物園を訪れるため首都ブエノスアイレスへやってきたイモト。
そこはルハン動物園というとってもユニークな動物園として有名なところ。
まずは園長さんを訪ねる。
園長さんの部屋でイモトが見たものとは!?


トラ!
イモト「めっちゃじゃれ合ってる!」
トラと戯れるセミーノ園長は人呼んで「アルゼンチンのムツゴロウさん」
セミ―ノさんの経営する動物園では猛獣とふれあうことができる。
イモト 「どうやったら猛獣と仲良くなれるんですか?」
セミーノ「それは飼育方法に秘密があるんだよ。」


しかしなぜこれほどまで猛獣が人になれるのか?
猛獣が赤ちゃんの内に犬と一緒に育てる。
こうすることで、猛獣は決して犬を襲わなくなり、
その犬の主人である人間も決して襲わないのだと園長は言う。


ところでアルゼンチンの人がこよなく愛する物が3つある。
一つ目はなんといっても「タンゴ」
ブエノスアイレスの道にはステップのプレートがはめ込まれている。


そして二つ目は「サッカー」
先日もマラドーナ監督のもと、ワールドカップ出場を果たし大いに盛り上がった。


そして三つ目は…
アルゼンチンは人口に対して牛の数が異常に多い。
そのため牛肉がとても安く世界最低水準。
なんと日本の10分の1
イモトは無類の肉好き。
今夜はアルゼンチンのお宅で牛肉三昧を狙う。
「突撃!アルゼンチンの晩ごはん!」


OKしてくれたのは
フラメンコのバンドでベースを弾いているというサンチェスさん。


牛肉は毎晩食べるというが今夜のメニューは?
ボリューム満点骨付きステーキ!味付けは塩だけ!まさに肉を食らう!


しかしどのお宅も牛肉なのか?お隣を調査!
メニューはパスタとピザ
しかし
お父さん「ほら!ここにたっぷりあるだろ! 」


牛肉たっぷり
さらに3件目へ!
お母さん「ローストビーフよ!」


まさに肉食系国家! 3軒回って牛肉率100%!

しかしこんなに肉ばかりで体は大丈夫なのか?

おじいちゃん「アルゼンチンには
マテ茶があるから大丈夫さ」



マテ茶は南米ではコーヒー紅茶と並び、とてもポピュラーな飲み物。
マテのハッパから作ったお茶はビタミン、ミネラルの含有量がきわめて高く、
「飲むサラダ」と呼ばれる。

栄養バランスを保ってくれるマテ茶は肉食系国民の必需品。

おじいちゃん「もちろん健康の為でもあるんじゃが、
家族や仲間が集まったときには、みんなでこの1個の壷をまわし飲みして親交を深めるんじゃ」


さぁ最後は南部エルカラファテへ。
ここエルカラファテは南極のすぐ近く。
寒いのも当たり前。
そのツアーの舞台はアンデス山脈のフモト
「ロスグラシアレス国立公園」


ここロスグラシアレスは南極、グリーンランドに次ぐ
世界で3番目に大きな氷河地帯!

イモトは、アルゼンチンで氷河ツアーに参加。


前方に広がるのはロスグラシアレスのなかでも
最大規模を誇る「世界遺産ペリトモレノ氷河」
その面積は260平方キロ
イモト「この熊ちゃんで氷河をかき氷にしちゃいます!」


ぺリトモレノの氷でかき氷を食べる。
そんなことをしてもいいのか?
氷河ガイドのルシーアさんに聞いてみよう! 
ルーシア「基本的にはダメです。
でもツアー参加者が削っていい場所が一部あるので、
そこに行きましょう!」


山頂でできた氷が麓へたどり着くには実に2万年もの年月がかかる。
押し出された氷は最終的に大崩落を起こし長い旅を終えるのだ。
目指すは最高のかき氷!
氷の上でもこの日は10℃と比較的暖かい。
さんさんと輝く太陽のもと氷河の表面付近は溶けて固まり、
毎日姿を変える!


氷の上を進むのは大変
ここは氷河に暖かい風が吹き込んでできた風穴。
まさに地球が作り出した自然の芸術。
空に近い場所ほど氷は新しい。
この場所なら古い氷を入手できる。 
ようやくありついた推定2万年前の氷。
2万年の時をかみしめる。


イモト「ただ、氷でめっちゃ寒いです…!」





というわけでワールドツアー29か国目
アルゼンチン制覇!