Q.超田舎に泊まろう!i〜中国・ルーシャン〜


世界遺産『ルーシャン』
雲と霧の山と呼ばれ、
その絶景と冷涼な気候から
古来避暑地として親しまれ、
かの毛沢東もここに別荘を構えていた。




それでは本題の宿探し!
山道を1時間、
ようやく民家が見えてきた。
すると、第一村人発見!
こちらはお茶農家のチェンさん。
奥さんと息子さんの3人で暮らしているという
それではさっそく宿泊交渉!
しかし武井、断られる。




2軒目。
唐辛子を干している女性に交渉!
またも断られる。
めげずに3件目!
お茶摘みをしている男性を発見!
交渉の結果、1日だけという条件で
泊めてもらう事になった!!



今夜はこちらのシュウさんのお宅に一泊!
シュウさんご夫婦は三年前に結婚。
一人息子のハオハオ君と、
おばあちゃんシンさんの4人家族。



地元の名産品である、お茶を育て生計を立てている。
今まさにお茶摘みのシーズン!
泊めてもらうお礼に武井も手伝う。
シュウさんのお茶は中国のお茶コンテストで
金賞を取るほどの品質なのだそう。



シユウさんは武井が摘んだお茶を
一番美味しい状態で飲ませてくれるそうだ。
しかし、その状態になるまでに1時間もかかるのだそう・・・
しかし武井のVTRの残り時間はそれほど残っていない!!
茶葉が変わっていく様子をお見せしたいが、
飲む時間がなくなってしまうので残念ながら割愛。



1時間煎った茶はご覧のとおり!
いよいよ金賞をとった最高のお茶を頂こう!
早くのまないと時間はない!
すると、なんとも適当にお茶を振りまいている!!
シュウさん!どういうことですか!!
シュウさん「最初に入れた一番茶は飲まないんだ
葉っぱを洗って茶器を温めるだけなのさ。
一番美味しいのは・・・4番茶さ!!」



別れの朝。
シュウさん「また遊びに来てくれ!」
武井「謝謝(シェシェ)」
それでは今週も武井の涙のわけを想像してみよう!






























旅は一期一会。